イスラエル、再びガザ地区の難民キャンプを攻撃
© UNFPA/Bisan Ouda、経由news.un.org/難民キャンプ

シェア:

ジャカルタ - イスラエル軍の戦闘機は木曜朝、ガザ地区中央部の難民キャンプの2軒の家と飛び地南部の難民キャンプを標的にした。

この攻撃により少なくとも23人が死亡し、多くの人が負傷した。

12月7日木曜日、アナドル発のANTARA通信が報じたところによると、パレスチナ通信社WAFAが地元情報筋の話として伝え、アル・マガジ難民キャンプの家屋に対するイスラエルの空爆で、少なくとも17人のパレスチナ人が死亡、さらに数十人が負傷したと報じた。

同通信はまた、ガザ南部ラファにあるアル・シャボラ難民キャンプの家屋に対するイスラエル軍の空爆で、パレスチナ人6人が死亡、他の人が負傷したと報じた。

イスラエルが難民キャンプを標的にしたのはこれが初めてではない。 イスラエルは先週、ガザ地区最大の難民キャンプであるガザ地区北部のジャバリア難民キャンプの住宅地も攻撃した。

ガザ地区の国営メディア事務所はアナドル宛ての声明で、イスラエルはガザ西部のアル・シャティ難民キャンプ、ガザ中部のアル・ブレイジとアル・マガジも攻撃したと述べた。

イスラエルはパレスチナ組織ハマスとの7日間の人道的停止を経て、先週ガザ地区で軍事攻撃を再開した。

ハマスによる国境を越えた攻撃を受けた10月7日以来、飛び地に対する空と地上の絶え間ない攻撃により、記録的な1万6,248人のパレスチナ人が死亡、4万3,616人以上が負傷した。

公式統計によると、ハマスの攻撃によるイスラエルの死者数は1200人に達した。


The English, Chinese, Japanese, Arabic, and French versions are automatically generated by the AI. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)