バワスル-KPUはクアラルンプールでの再投票について議論
バワスルのラーマト・バジャ会長は月曜日(26年2月2024日)、ジャカルタのDKPPビルで声明を発表した。アンタラ/リオ・ファイサル

シェア:

【ジャカルタ】選挙監督庁(バワスル)は本日、総選挙委員会(KPU)とともに、マレーシアのクアラルンプールで再投票(PSU)について議論する会合を開催した。

「それは再び議論されました。私たちは再び議論したいのです」と、2月26日月曜日にANTARAが引用したバワスルのラーマト・バジャ会長は語った。

Bagja氏は、KPUは現在、クアラルンプールでのPSUの実施を検討していると説明した。したがって、彼は今後数日でクアラルンプールのPSUのためのさらなるプロセスがあることを望んでいます。

「3月20日までに、クアラルンプールで投票と開票が行われることが予想されるため、これを期待しています」と彼は言いました。

以前、KPUは、郵便による投票を排除することにより、クアラルンプールでPSUを組織すると述べた。

「KPUはまた、有権者名簿の更新によりクアラルンプールでPSUの活動を開始しました」と、金曜日(23/2)にジャカルタのKPU RI事務所でKPU RIのHasyim Asy'ari会長は述べました。

彼は、このデータの更新は、2023年6月21日から23日までクアラルンプールで設定された常設有権者名簿(DPT)に基づいていると説明しました。更新するデータは不明瞭な住所です。

「不明確または不明確な住所に基づいて、有権者リストから削除し、有権者リストを更新するための基礎になります」と彼は言いました。

クアラルンプールのPSUは、新しい有権者を追加することによって実施されません。更新されたデータは、海外の投票所方法の有権者リストと同期されます。

ハシム氏は、KPUはまた、まだ使用されている残りの投票用紙を特定するために、投票組織グループ(KPPS)の更新と再募集のスケジュールを準備していると述べた。


The English, Chinese, Japanese, Arabic, and French versions are automatically generated by the AI. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)