ルトノ外務大臣「パレスチナには独立の権利がある、目を閉じたり沈黙したりしないでください」
インドネシアのルトノ・マルスディ外相は、ガザ危機を議論する国連安保理理理事会に出席した。(出典:インドネシア外務省)

シェア:

ジャカルタ - インドネシアのルトノ・マルスディ外相は、現地時間水曜日、アメリカ・ニューヨークでの国連安全保障理事会会議に出席しながら、パレスチナの独立の権利を改めて強調した。

報道によると、ルトノ外相はガザの現状を話し合う理事会での演説で、「パレスチナ人民には二国家解決策に基づく独立の権利がある。今が和平プロセスを再開する適切な時期だ」と述べた。インドネシア外務省からの声明、11月30日木曜日。

この会合はパレスチナ人民との国際連帯デーの機会に開催された。パレスチナ人民との国際連帯デーは毎年11月29日に祝われる。この警告は、パレスチナ・イスラエル紛争の二国家解決に関する国連決議181に関連している。

「そして、今日私たちがパレスチナ人民との国際連帯デーを記念していることを考慮すると、パレスチナ人民の闘いに目を閉じたり、沈黙したりしてはならない」とルトノ外相は述べた。

ルトノ外務大臣は、イスラム協力機構(OIC)加盟国の多くの外相とともに会議に出席し、イスラム協力機構(OIC)首脳会議でのOIC指導部の使命のフォローアップとして、パレスチナに対する機構の支持を示した。 11月11日リヤド。

ルトノ外相は、インドネシア大統領も記念式典で書面でメッセージを伝え、本質的にパレスチナ人民の闘争に対するインドネシアの支持を再確認したと付け加えた。

既報の通り、ルトノ外相は国連安全保障理事会加盟国を前にした演説で、インドネシアはパレスチナ過激派組織ハマスとイスラエルの間の現在の停戦を歓迎すると述べた。

「しかし問題は、これで十分なのかということだ。インドネシアは、これでは十分ではないと考えている。なぜなら、人道的一時停止は、本当に状況を作り出すにはまだ狭くて脆弱だからだ」

ルトノ外相は「ガザは継続的に改善されるだろう」と述べた。

この際、ルトノ外相はまた、ガザでの停戦終了後も全力で軍事作戦を継続したいと述べたイスラエルのベンヤミン・ネタニヤフ首相の声明を引用した。

「私は、このような声明は理解できないと言います。また、人類に対するこの脅威が最終的に現実になることを安保理が容認するのかどうかも理解できません。安保理はガザでの暴力の再発を阻止できなければなりません」とルトノ外相は強調した。


The English, Chinese, Japanese, Arabic, and French versions are automatically generated by the AI. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)