インドネシア軍と海軍の2人の隊員がTNI本部で見張りをしているときに雷に打たれました
稲妻のイラスト

シェア:

ジャカルタ - 4月23日水曜日の午後、東ジャカルタのチランカップTNI本部を警備中に落雷に襲われて、インドネシア軍と海軍の2人のメンバーが負傷しました。事件は午後3時20分頃に発生.mた。

後に、犠牲者のうち2人はインドネシア軍と海軍の出身であることが判明しました。インドネシア軍のイニシャルを持つメンバーで、プラダA、タスクフォース(サトカー)マコアカデミックTNIのメンバー。一方、インドネシア海軍のメンバーは、タ・サブディス・ジャバトミル・サトカー・ディスミンパーサルの地位でKols Bek DSのランクを持っています。

収集されたデータによると、事件は午後3時20分頃に発生し、雷が鳴りました。その後、15.22 WIBで、彼らは犠牲者を助けるために周りにいた人々を見ました、2人のメンバーが倒れました。

その後、午後3時28分、インドネシア海軍の隊員が海軍本部保健所に連行され、陸軍の隊員が客車を使ってTNI本部保健所に連行された。

Kls Bek DSの階級を持つ海軍メンバーの犠牲者の応急処置は、UGDサトケス・マベサルチームによって15.30 WIBで行われました。

一方、インドネシア陸軍プラダAのメンバーは、15.35WIB頃にTNI本部保健タスクフォースのERチームによって応急処置されました。

さらなる治療のために、インドネシア軍と海軍の2人のメンバーは、16.15 WIBでサトケスチームによって東ジャカルタのリドワン・ムラクサ病院に再び避難しました。

カプスペンTNI少将ヌグラハ・グミラールは事件を確認した。彼は、事件は水曜日の午後3時頃に起こったと述べた。

「そうですね。昨日の午後3時、TNI本部周辺で大雨が降った。その後、治療のために病院に運ばれました」と、4月23日水曜日の夕方、VOIによって確認されたとき、彼は言った。

現在、カプスペンは続けて、インドネシア軍と海軍の2人のメンバーはまだ病院で集中治療を受けています。

「うまくいけば、明日は少し良くなるだろうし、状態は良くなるかもしれない」と彼は言った。


The English, Chinese, Japanese, Arabic, and French versions are automatically generated by the AI. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)