中国とシンガポールは来年初めに30日間のビザなし協定を締結する
中国のビザのイラスト。(ウィキメディア・コモンズ/スキーシー)

シェア:

ジャカルタ-シンガポールと中国は来年初めに30日間の共同ビザ免除協定を制定すると、シンガポール外務省は木曜日に、両国間の貿易協定を強化するための合意に沿って述べた。

「両国は30日間のビザ免除協定の実施の詳細をまとめ、2024年初頭に実施する」とシンガポール外務省は声明で述べた。

以前は、タイとマレーシアが中国人観光客のビザを免除したことも知られていました。

一方、中国外務省の王文仁報道官は、両国の市民の共同ビザ免除協定の存在を確認したが、滞在期間については言及しなかった。

「現在、両国の当局は特定の問題について緊密なコミュニケーションを取っている」と彼は記者会見で説明した。

「中国とシンガポールの双方は、最初の実施と関連する取り決めの実施を楽しみにしている」と彼は続けた。

これとは別に、シンガポールのローレンス・ウォン財務副首相兼財務大臣は、両国間の観光客交換が増加しており、両国間のフライトはパンデミック前のレベルに近づいて回復していると述べた。

「両国間の30日間の共同ビザ免除の取り決めも、より多くの人員交換を促進し、二国間関係の基盤を強化することができるこの進歩を支援するだろう」と同紙は声明を引用した。

今年、中国は、COVID-19パンデミックのためにビザが中断されてから3年以上経過したシンガポール市民のビザなしを15日間再開しました。

シンガポール貿易省は、中国・シンガポール自由貿易協定(CSFTA)議定書の改善により、シンガポールは中国のサービス部門へのより大きな市場アクセスが可能になったと述べた。


The English, Chinese, Japanese, Arabic, and French versions are automatically generated by the AI. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)