パンカルピナンバベルに入る家畜は現在14日間隔離されています
2019年5月、アチェジャヤ州クルーンサビー小地区のメダンバンダアチェ道路の真ん中に多数の牛がいました。(間)

シェア:

バベル - パンカルピナン市に入るすべての家畜は14日間隔離されます。地元の農業検疫センター(BKP)は、口や爪の病気ウイルス(FMD)の侵入を防ぐための規定を実施しました。

「現在、FMDを防ぐために牛、水牛、山羊の摂取は強化されています」と、バンカベリトゥン諸島州パンカルピナン(バベル)のBKPパンカルピナンサイフディンズーリの責任者は、5月11日水曜日にアンタラによって引用された。

彼は、東ジャワ州のグレシク、ラモンガン、シドアルホ、モジョケルトリージェンシーの牛、バッファロー、ヤギに感染したfmdアウトブレイクの出現による家畜交通の逼迫と述べた。

「東ジャワがFMDアウトブレイクとして指定される2週間前、私たちはジャワ島から223頭の牛の収入を得ており、この家畜はコミュニティに解放されました」と彼は言いました。

彼によると、これらの家畜の解放の前に、CPCは、家畜が健康であり、この地域の牧場の発展を妨げる他の家畜に感染症を患っていないことを確認するために、SOPに従って身体検査と文書を実施しました。

「当時、パンカルバラム港から侵入する家畜にFMDの症状は見られませんでした」と彼は付け加えました。

彼は、東ジャワでのFMDの発生が発見されたことで、政府はこの病気の影響を受けた地域からの家畜の侵入を禁止したと述べた。

「中央農業検疫庁長官の書簡を参照し、家畜に症状がないか、FMDウイルスに感染していないことを確認するために、地域外から14日間の家畜を検疫することによって行動を起こします」と彼は結論付けました。


The English, Chinese, Japanese, Arabic, and French versions are automatically generated by the AI. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)