ソリスト、元スター、ラビットギタリストのアディ・ウィドドがステイ・オン・ミー・ソングをリリース
アディ・ウィドド (ドク.アディ・ウィドド)

シェア:

ジャカルタ - 元スターとウサギのメンバーアディ・ウィドドは、2021年1月14日に2枚目のソロ曲「ステイ・オン・ミー」をリリースしました。

ステイ・オン・ミーは、前のシングル、ウィンターマンよりも静かなミュージカルの感触をもたらしますが、まだほぼ同じダイナミックです。

違いは、今回のアディはボーカルの面でより情熱的に感じ、すでにソリストとしての彼の新しい経験で慰めを見つけるようです。

ステイ・オン・ミーは、純粋で誠実な愛の物語で、家庭にたとえられています。

「何かまたは場所は、私たちが戻ってきて、私たちがそこで経験するものは何であれ、怒り、失望から自分自身を勝ち取るのに適した場所です」と、ウィドドはVOIへの書面で述べました。

この曲では、アディはまた、曲の後ろにドラム要素やエレキギターなど、より多くの楽器を含んでいた。

ステイ・オン・ミーのリリース後、アディは、それがうまく動作し続けるために、このソロプロジェクトの計画を設計したと主張しました。

「2022年にフルアルバムに直行できるようにしたい。しかし、このステイオンミーの後、もう一つのシングルがあり、コンセプトはフルバンドです。バイブは確かに最初と2番目のシングルとは異なります」と、アディは結論づけました。


The English, Chinese, Japanese, Arabic, French, and Spanish versions are automatically generated by the system. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)