NASAは、皆既日食時の3回のイオノスペア研究をサポートしています
日食を観察するためのSuperDARNディスプレイ(写真:ドック。NASA)

シェア:

ジャカルタ - 皆既日食は4月8日に米国領土を横断します。自然現象が起こったとき、NASAが支援する3つの実験が円圏を研究した。

アイオノスファーは、高度60〜600キロメートルにある大気の層です。この大気の一部は、日光が原子から負荷電子を分離し、ポジティブロードイオノスを生成するために形成される。

したがって、イオノ圏は本当に太陽を必要としています。皆既日食の現象の間、科学者はその影響をイオノ圏の層に観察するでしょう。これらの観測は、NASAが資金提供する3つの技術で実施されます。

最初に使用される技術は、スーパーダブルオーロラルレーダーネットワーク(SuperDARN)です。NASAの説明によると、この技術はイオノ圏からの電波を反射し、イオノ圏の密度、温度、位置に関するデータを分析します。

SuperDARNのデータを観察する科学者の一人であるBharat Kumdurリ氏は、この技術は「より優れた空間規模で円形の変化を監視するために設計された特別なモードで動作する」と述べた。

次に、放射線ハム科学市民調査(HamSCI)プロジェクトで放射線技術を使用してイオノソーファーが観察されます。NASAが資金提供するこのプロジェクトには、世界中のさまざまな国のアマチュア無線オペレーターが関与します。

これらの無線オペレータはすべて、皆既日食が発生する前、最中、および後に信号を互いに送受信します。これは、彼らが使用する無線信号に対する日光損失の影響を判断するために行われます。

NASAが資金提供した最後のプロジェクトはRadioJOVEでした。皆既日食が発生すると、プロジェクトの科学者は無線アンテナ機器を使用して太陽から放出される無線バーストを記録します。


The English, Chinese, Japanese, Arabic, and French versions are automatically generated by the AI. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)