残りの5つの州、2024年の選挙投票の繰り返しは明日完了
KPUメンバーアウグストメラズ/写真:ダイアアユ-VOI

シェア:

ジャカルタ - 総選挙委員会(KPU)は、2024年の全国選挙の投票を要約するための本会議をまだ開催しています。投票の要約には、合計38の州のうち5つの州が残っています。

本日、KPUはマレーシアのクアラルンプールで行われた外国選挙の要約を完了したばかりです。その後、本会議は夕方遅くまで中断されます。

KPUのアウグスト・メラズ委員は、今日の選挙結果の要約は2つの州で続けられたと述べた。

「公聴会は20.30 WIBまで中断され、2つの議題で継続されます。1つ目は西ジャワ、2つ目は今夜の南西パプアです」とメラズは3月18日月曜日、中央ジャカルタのKPUオフィスで語った。

一方、残りの3つの州は3月19日火曜日に継続されました。3つは、パプアメイン、パプアマウンテン、マルクの州です。

以前、KPUは今日、残りの5つの州の要約を完了する予定でした。しかし、技術的な障害があり、その結果、要約は明日再開されます。

「進行中のプロセスを見ると、18日、そして19日に、要約に関連する期限のためにすべてを完了できると思います。その後、全国的な結果の決定について話し合います」とメラズは説明しました。

38の州で要約が完了した後、KPUは公開本会議を開催し、全体的な要約の結果を発表する。

しかし、メラズ氏は、選挙結果の決定が明日または明後日に発表されるかどうかはまだわからない。

「明らかなのは、規定が整っているように、3月20日まで動く余地があるということです。私たちはそれを最適化したに違いありません。したがって、過去2日間は、州レベルでの選挙結果のための国家結果の要約に焦点を当ててきました」と彼は付け加えました。


The English, Chinese, Japanese, Arabic, and French versions are automatically generated by the AI. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)