BPBDバンドン3地区で難民テントを設置し、白鳥の影響を受けた
BPBDは、木曜日(22年2月2024日)に西ジャワ州バンドンリージェンシーに竜巻の影響を受けた住民のための難民テントを設置しました。アンタラ/ルビー・ジョヴァン

シェア:

JABAR-地域災害管理庁(BPBD)は、昨日の竜巻の影響を受けたバンドンリージェンシーの住民のために難民テントとスープキッチンを建設しました。

「ここでは、竜巻災害による緊急対応のためのフィールドポストを設置しています。これには3つの小地区が含まれ、ランチェケック地区の南順メカール村に集中しています」と、2月22日木曜日、バンドンリージェンシーのBPBDバンドンリージェンシーの緊急および物流責任者、アセップマフムードはアンタラを押収しました。

彼によると、竜巻の影響を受けた住民のほとんどは、親戚や隣人の家に避難することを好みます。

それにもかかわらず、彼は、BPBDを通じてバンドン摂政政府が影響を受けた住民の消費のためのスープキッチンを設置したと述べた。

「難民がここに来たい、または兄弟の家にとどまりたいのであれば、私たちは彼らに返されます」と彼は言いました。

さらに、竜巻は2月21日(水)午後16時(WIB)に発生し、497棟の建物が被災し、223棟が重傷、208棟が中程度、66棟が軽度の被害を受けたことを明らかにした。

データ収集の結果によると、竜巻災害の影響を受けたのは、1,308人からなる422世帯(KK)でした。

アセップは、今まで災害で死傷者がいないことを確認しました。しかし、強風が発生したときに材料に押しつぶされて負傷した22人もの人々を記録し、病院で集中治療が行われていました。

「昨夜の評価結果からの一時的な犠牲者については、22人、何人かはチカレンカ地域病院に紹介され、何人かは最寄りの保健センターに紹介されました」とアセップは言いました。

一方、バンドン警察署長のコンベス・ポル・クスウォロ・ウィボウォは、家屋がひどく損傷した住民に、BPBDが用意したテントに避難する意思があるよう訴えた。

彼は、家がひどく損傷した状態で家にとどまると、建築材料によって押しつぶされるのではないかと心配しています。「喜んで避難してください。私たちが伝えているのは、施設は非常に良好であり、きれいな水は良好であることが保証されており、食べるためのスープキッチンも利用可能であるということです」とKusworoは言いました。


The English, Chinese, Japanese, Arabic, and French versions are automatically generated by the AI. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)