研究者は突然の死とCOVID-19ワクチンの関係を見つけられなかった
インドでのCOVID-19ワクチン接種のイラスト。(ウィキメディア・コモンズ/スヤシュ。コモンズ)

シェア:

ジャカルタ - インドの研究者は証拠を見つけず、COVID-19ワクチン接種が「不可解な突然死」の背後にあり、メディア組織によると、代わりに病気自体、激しい酒のパーティー、運動を危険因子として指摘しました。

インド医学研究評議会(ICMR)は、2021年10月と2023年3月に18歳から45歳の「明らかに健康な成人の間での不可解な突然死に関する逸話報告」と呼ばれるものの後に調査を実施しました。

「COVID-19ワクチン接種と若年成人の間で説明のつかない突然の死亡との間に肯定的な関連性の証拠は見つかりませんでした」と研究グループは、ロイターが12月5日に報告した「Indian Journal of Medical Research」に掲載された研究で述べました。

「同時に、突然の死亡、COVID-19による入院、最近の酒類パーティーなどのライフスタイルの行動を伴う家族の歴史、高強度の身体活動は、説明のつかない突然の死亡の危険因子です」とグループは続けました。

ICMRの研究者は、29,171人の突然の死亡を特定し、729人の症例の記録と、調査の一環として2,916人の「制御」被験者を調べた、とグループは述べた。

政府のデータによると、インドは約4500万人のCOVID感染症例と5億33295人の関連死亡を記録しましたが、専門家は実際の数が数倍高いと言います。

知られているように、インドの多くの病院はCOVID-19危機のピーク時にベッドを使い果たし、多くの人々が自宅で死亡しました。


The English, Chinese, Japanese, Arabic, and French versions are automatically generated by the AI. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)