Adang Daradjatun、学生たちに献血をライフスタイルにするよう奨励
アダン・ダラジャトゥン氏は学生たちに献血を熱心に行い、献血をライフスタイルにするよう呼びかけた。 (特別)

シェア:

ジャカルタ - DPR RI名誉裁判所のアダン・ダラジャトゥン委員長は、献血を継続すべき前向きなライフスタイルとするよう学生に呼びかけた。

「若い世代である学生たちにとって、献血活動が新しい習慣やライフスタイルになれば幸いです。献血に抵抗感や恐怖心を抱いている学生や若者がまだたくさんいると思います。私たちは献血から多くの恩恵を受けているにもかかわらず、 献血をしています」と彼は言いました。 12月6日水曜日、西ジャワ州UIデポックの数学自然科学部で行われた献血イベント中のアダン。

PKS派のこの政治家は、一滴の献血で何百万人もの人々を助けることができるほか、個人を健康にすることもできると説明した。 なぜなら、献血すると新しい血球の再生が起こり、最終的には献血者の体が健康になるからです。

したがって、PDDI(インドネシア献血者協会)の総会長でもあるアダン氏は、インドネシア献血者女性ヒロイン(SPDDI)とともに、F-MIPAおよびBEM F-MIPA UIの学部長および教職員と協力して、 PMI DKI ジャカルタと同様に、インドネシア大学数学自然科学部に来て、学生たちに献血を恐れたりためらったりしないように教育しました。 「Goes To Campus」イベント「数百万の希望を持つ一滴の血」の目標である 300 個の血液バッグがついに達成されました。

一方、インドネシア女性献血ヒロイン(SPDDI)のヌヌン・ダラジャトゥン会長は、PMI DKIジャカルタが提出したデータによると、現在PMI DKIジャカルタの毎日の血液必要量は医療ニーズに合わせて約1000〜1200バッグであると付け加えた。 出産中の母親も含めて。

「母親への対応として、今回の献血活動は母親に特化したものです。特に毎年12月22日の母の日を記念する一連の献血活動に、多くの学生が感動し、最終的には興味を持ってくれました」 この献血活動では、目標の血液バッグ300袋を達成するまで、献血にご協力ください。


The English, Chinese, Japanese, Arabic, and French versions are automatically generated by the AI. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)