ワールドブラスがワンダーランドの小説「アリスの冒険をワンダーランドで歓迎する」を、1917年11月26日、今日、歴史の中で
小説「ワンダーランドにおけるアリスの冒険」の肖像画。(ウィキメディア・コモンズ)

シェア:

ジャカルタ–今日の歴史、158年前の1865年11月26日、ルイスキャロルによる小説「アリスのワンダーランドの冒険」(ワンダーランドのアリスとしても知られています)が初めて公開されました。

小説の出版は大きなファンファーレで迎えられました。少女の冒険を描いた小説、アリスは多くの人々によって狩されています。以前は、物語を作るドジソンの能力は疑う余地がありませんでした。彼は自分の経験をでっちあげ、想像力を素晴らしい物語にしました。

ドッグソンの数学への関心は誰にも負けません。数学は、オックスフォード大学のクリストチャーチカレッジで勉強を続けたときに彼が選んだ分野でした。大学時代は喜びに満ちていました。彼は知的な人として成長し始めました。

この物語は、1857年にオックスフォード大学を卒業したことによって証明されました。数学に対する彼の知見と関心はより広くなった。数学は打たれます。ドッグソンはすぐに講師に役立てられました。講師としての彼のルーチンはよく生きています。

彼は楽しくて機知に富んだ人物になることができます。しかし、講師としての生活はますます単調になっています。ドッグソンは新しいことに挑戦したい。彼は作家になりたいのです。最初はただそれを試してみてください。彼はまた、オックスフォード大学の学部長である彼のパートナーの子供たちと一緒に予期せずピクニックに参加しました。

アリス、ロリーナ、エディス・リードがいます。彼らはボートに乗ったドジソンを含みます。ドジソンはまた、アリスから物語を語るように頼まれました。その願いはドジソンによって挑戦と見なされました。彼はまた、地下世界でのアリスの冒険についてアリスに話しました。

ストーリーは素晴らしいです。それを聞いた人々はそれを楽しんだ。しかし、ドッグソンはアリスから、いつでもそれを読むことができるように物語を書くように頼まれました。さらに、アリスの物語は魅力的で冒険的なペイロードでいっぱいであると考えられていました。

「この空想的な物語を生み出すインスピレーションは、単純に見える。数学の講師でもある作家で、本名はチャールズ・ルトウィッジ・ドッグソンで、オックスフォード大学クリスト・チャーチ・カレッジの学部長の息子、アリス・リデルという9歳の少女に興味を持っていました。1862年7月4日、ドッグソンは学部長の3人の娘、アリス、ロリーナ、エディス・リデルと一緒にボートで旅行しました。ドッグソンはアリスの地下の冒険を語っています。

「小さなアリスが彼に自分のために物語を書くように頼んだとき、ドッグソンはそれを達成しました。そして、アリス・リデルは、彼女の最初の小説「アリスの冒険の地下」でアリスの起草キャラクターのモデルを提供し、その後、彼女が自分自身で作ったイラストが「ワンダーランドのアリスの冒険」になりました。アリスは彼を物語の子供と表現しました」と、ンガルト・アリスナはテンポ新聞の「アリスの夢の世界」(2007年)と題された彼女の著作で説明しました。

ドジソンはアリスの物語を本格的に展開します。彼は知恵のうちに、ウサギの穴からファンタジーの世界に落ちるアリスという名前の少女の物語を語っています。冒険はそこから始まります。その後、物語はアリスだけに引き渡されたわけではありませんでした。

英国の出版社であるマキランパブリシャーズは、それを商業的に印刷する最初の出版社になることを望んでいます。結果は驚くべきものでした。1865年11月26日のワンダーランドの小説『アライス・アドベンチャーズ』。それ以来、小説は世界中のファンと一致し続けています。

なぜなら、1918年11月26日、彼の友人たちが彼の手書きの物語をより広いコミュニティに公開すべきだと彼に納得させた後、本が出版されたからです。多くの人々にとって、ジョン・テニエルのこの第一版のイラストはアリスとして忘れられないままです。アリスは金髪の男の子として描かれています」とガーディアンページのレポート「ワンダーランドのアリスに関するガーディアンビュー:ダウントレス、ノーナンスヒーローン」(2015)と題されています。


The English, Chinese, Japanese, Arabic, and French versions are automatically generated by the AI. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)