歴史 今日、1965年12月6日:MPRSリーダーシップセッションでのスピーチ、スカルノ大統領は、インドネシアを分割することが証明された場合、PKIを解散することを約束します
スカルノ大統領は、ジャカルタのイストラ・セナヤンでPKI支持者の集団に演説した。(ウィキメディアコモンズ)

シェア:

ジャカルタ–今日の歴史、57年前の1965年12月6日、スカルノ大統領は、インドネシア共産党(PKI)がインドネシアを分割することが証明された場合、解散することを明らかにしました。この声明は、州宮殿で開催された臨時人民諮問会議(MPRS)の第10回指導部の開会式で明らかにされました。

以前、学生たちはスカルノにPKIを解散するよう促していた。彼らは、PKIが9月30日運動(G30S)の出来事に責任がある俳優であると考えました。さらに、カルノはPKIの行動を保護しているようでした。

G30Sイベントは、インドネシアの長い歴史の中で重要なイベントです。G30Sはインドネシア国民に深い傷をもたらす。すべては、一連の陸軍(AD)将軍の誘拐と暗殺の議題の残酷さのためです。

PKIはまた、1965年の出来事の主な首謀者と見なされています。人々は激怒した。特に大学生。彼らはスカルノ大統領がPKIを解散するための行動を起こすことを望んでいた。街頭に出るという選択肢は、PKIを解散させ、その数字を政府から直ちに降格させることを要求するためになされた。

カルノの態度は反対です。学生の要求が真剣に受け止められたことはありません。カルノの行動でさえ、PKIに関しては彼があまりにもどろどろしていることを示すことがよくあります。実際、カルノはインドネシア国家の最高指導者です。

1965年5月23日、スナヤンメインスタジアムでPKIの記念日を祝うスカルノ大統領とPKIの議長であるD.N.エイディット。(図書館)

しかしながら、PKIの溶解は行われなかった。激怒した学生は、ボリュームバウンドのデモを永続させました。目標は、インドネシア国民の福祉のために他のさまざまな要求を追加することによって、政府に直ちに立ち上がるように求めることです。  

「G30S PKIの裏切りは、インドネシアの政治の温度を非常に熱くしました。以前はよく眠り、運動の指導者であるカルノと彼の友人たちによって目覚めさせられ、侵略者を撃退するために一緒に招待され、さらに教育を受け、名誉ある人々と国のように感じるように導かれた人々は、今や彼らの立場をよく認識し、彼らの権利と義務を認識しています。」

「国民は反逆的なPKIを解散させ、政治的・経済的対応を再編するよう要求した。それらはカルノにとって最も困難な日でした。それは本当に彼のすべてのエネルギー、精神、そして心を圧迫します」とカルノの補佐官であるバンバン・ウィジャナルコは本 Sewindu Dekat Karno (2010)で述べています。

ボリュームで製本された学生デモは、ついにカルノの注目を集めました。彼は、人々の要求を避け続ければ状況は正常ではないことに気づき始めました。彼はまた、適切な勢いを探しました。勢いは、1965年12月6日に州宮殿で開催されたMPRSリーダーシップの第10回オープニングセッションでした。

1966年初頭のスカルノ政府に対する学生と学生行動の抗議。(共同レミースター)

その際、カルノはインドネシアを分割することが証明されたすべての政治組織または政党を解散することを約束した。主にPKIです。彼は、党が群島を分割することが証明されたという条件で、PKIを解散することを約束した。  

「まあ、それは私が9月30日以降にインドネシアで見たものです、兄弟たち。私たちはお互いを揺さぶり、お互いの精神を燃やしています、その時私がボゴールで脅すまで、内閣の本会議、ハヨ、精神を燃やす派閥があれば、私は革命の偉大な指導者として、インドネシア国民の指導者として、このインドネシア国家の指導者として、インドネシア国民の統一に責任を感じている、精神を燃やす派閥を解散します。」

「PNI、それが精神を燃やすなら、私はそれを解散します!パルティンド、それが精神を燃やすなら、つまりゴントクゴントカンを招待するなら、私は解散します!さらに、たとえばそれが精神を燃やすならば、私はそれを解散します!イプキ、解散しました!PNIは再び解散しました!イプキ、解散しました!ゴントク・ゴントカンを招待するすべての政党は、私たち自身の兄弟姉妹 に対して、私たちの国と私たちの国の間で、 私は解散します」とスカルノは、ブディ・セティヨノとボニー・トリヤナが本 で編集した彼の任務で述べました 革命は終わ らない (2014)。


The English, Chinese, Japanese, Arabic, French, and Spanish versions are automatically generated by the system. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)