テテン大臣、MSME問題の解決策を見つけるためにAPEC代表団を招待する
協同組合・中小企業大臣(メンコップUKM)テテン・マスドゥキ(中央)。(写真:ケメンコップUKM博士)

シェア:

ジャカルタ - テテン・マスドゥキ協同組合・中小企業大臣(Menkop UKM)は、アジア太平洋経済協力中小企業作業部会(APEC SMEWG)フォーラムは、中小企業が直面する様々な深刻な課題を提唱する非常に戦略的なフォーラムであると述べた。

「我々は、すべてのAPEC SMEWG代表団に対し、APEC地域及び世界の両方において、様々な課題に直面する上での協力と協力を強化するよう要請する。中小企業部門が経済のバックボーンであるため、これは重要です」と、協同組合・中小企業大臣のTetenは、4月24日水曜日の書面による声明から引用された、バリ島ヌサドゥアのルサカホテルでの第57回APEC SMEWGのオープニングでの発言で述べました。

Teten氏は、このフォーラムはAPEC加盟国経済、特にインドネシアにとって重要な意味を持ち、このイベントは中小企業の発展における共通の課題を克服するための集団プラットフォームを提供するためだと述べた。

これらの課題には、資金調達へのアクセス、マーケティングへのアクセス、起業家精神、中小企業部門におけるデジタルエコシステムの構築の問題が含まれます。

彼は、国際フォーラムが、急速な技術進歩の中で中小企業の競争力を高めるために、共有されたアイデアやアイデアを生み出すことができることを願っています。

「このフォーラムでは、中小企業が成長する世界情勢の中で発展することを可能にすることを目的とした洞察、ベストプラクティス、戦略を交換し、APECメンバー間でパンデミック回復戦略に焦点を当てた特別な共有セッションを行いました」とTeten氏は述べています。

さらに、フォーラムは、各メンバーのベストプラクティスを共有するためのさまざまな当事者の主要なプラットフォームにもなり得ると彼は信じています。

したがって、出席した代表団は、この機会を利用して、積極的な対話に参加し、中小企業の進歩を促進するためにAPEC地域での協力を強化することが期待されます。

「このフォーラムでは、パートナーシップを強化し、協力を奨励し、地域の中小企業(APEC)にとってより明るい未来への道を開く機会を活用しなければなりません」と彼は言いました。

代表団の前で、テテン氏は、インドネシアは現在、商品ベースの中規模製造産業を構築していると述べた。このため、工業化とダウンストリームプログラムは、この目標を達成するために引き続き奨励されている共同生産拠点(RPB)の建設を通じて実施されています。

「この取り組みは、都市化の問題を克服し、産業成長を高め、質の高い雇用機会を拡大し、天然資源を保護できる中規模の製造業を実現するための解決策です」と彼は言いました。

一方、協同組合中小企業省(Sesmenkop UKM)のアリフ・ラーマン・ハキム長官は、このフォーラムではデジタル化、起業家精神、マーケティングや資金調達へのアクセスなど、多くのトピックが議論されたと付け加えた。

アリフ氏は、フォーラムを通じて、インドネシアが中小企業製品の輸出実績を奨励する役割も担うことが期待されていると述べた。

「もちろん、中小企業がより競争力があり、自立し、テクノロジーにアクセスする能力を持ち、より生産的な雇用を提供できるようにしたいと考えています」と彼は付け加えました。


The English, Chinese, Japanese, Arabic, and French versions are automatically generated by the AI. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)