IHSGはほぼ2%、外国人投資家はBCA、銀行マンディリ、BRIの株式を探す
インドネシア証券取引所ビル(アンガ・ヌグラハ/VOI)

シェア:

ジャカルタ - 複合株価指数(JCI)は、6,200の水準をまだ上回っているにもかかわらず、1月22日の金曜日の取引で弱く終わりました。JCIは1.66%または106.76ポイント下落して6,307.13となった。

すべてのセクター指数はJCIと共に下落した。鉱業部門は4.09%と最も下落した。

本日の取引取引量の合計は、取引額17.02兆円で172億8000万株に達した。合計107銘柄が上昇し、396銘柄が弱まり、128銘柄が停滞した。

PT PP Tbk(PTPP)の株価は、6.94%の弱体化で今日最大の下落でした。最も高騰した株価はPTジャプファ・コムフィード・インドネシアTbk(JPFA)で、1.31%の利益を得た。

最大の対外純購入株は、PT銀行中央アジアTbk(BBCA)Rp1812億、PT銀行のカンディリTbk(BMRI)Rp1601億、PT銀行ラキヤット・インドネシアTbk(BBRI)Rp1339億です。

最大の海外売上高を持つ株式は、PT銀行ジャゴTbk(ARTO)Rp1765億、PTテルコムインドネシアTbk(TLKM)Rp1089億、PTチャロエンポクパンドインドネシアTbk(CPIN)Rp759億です。


The English, Chinese, Japanese, Arabic, French, and Spanish versions are automatically generated by the system. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)