韓国は鳥インフルエンザのより多くの症例を報告しています
アンスプラッシュ/ウラジミール・フェドトフ イラスト

シェア:

ジャカルタ-韓国はソウル南部の農場で鳥インフルエンザの別の症例を報告しており、今年の秋以来合計27例になっています。

農業省の声明によると、H5N1型の伝染性の高い鳥インフルエンザ(AI)の症例は、ソウルの南77kmにある安城にあるアヒル農場で発見されました。

12,457羽のペットのアヒルがいる農場には、多くの検疫規則が課されました。規則には、農場やその他の危険な施設でのアクセスの制限、家禽の殺処分、疫学調査が含まれます。

11月30日水曜日にANTARAが報告した地元の農業省は、伝染性の高い鳥インフルエンザが急速に広がるにつれて、来月国内のすべての養鶏場で集中検査を実施し、検疫規則を強化すると述べた。

鳥インフルエンザの最新の症例は、羅州市の2つの農場で報告されました。

予想措置として、政府は来月、地元の農場ですべての家禽の検査を実施し、農場が消毒剤の徹底的な散布を行っているかどうかを確認することを決定したと彼は述べた。

これらの規則に違反した人は誰でも罰金が科せられると声明は読んだ。

韓国では、12月23日までの4週間の特別隔離期間を設けており、農場や関連施設に1日2回消毒剤を散布することが義務付けられています。

 


The English, Chinese, Japanese, Arabic, French, and Spanish versions are automatically generated by the system. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)