KPKのフィルリ・バフリ会長:それは過剰ではなく、自由は私たちが腐敗から自由であるときです
汚職撲滅委員会(KPK)のフィルリ・バフリ委員長。(アンタラニュース)

シェア:

ジャカルタ - 汚職撲滅委員会(KPK)のフィルリ・バフリ委員長は、さまざまな形態の腐敗からクリーンな国であれば、国は独立していると言えると述べた。

これは、8月17日(水)にインドネシア共和国77周年を記念してフィリによって伝えられました。Firliは、すべての当事者が腐敗した行動によって植民地化された人々と現在苦労していると述べた。

「独立とは、私たちの国と国が完全に清潔で、あらゆる形態の腐敗から解放されたときであると言っても過言ではありません」と、フィリは8月17日水曜日の書面による声明で述べた。

フィルリは、しばしば劣等感、手を置くことを恥ずかしく思わないほどの劣等感を感じ、自分の権利のない人を求め、あえて腐敗行為を犯す人は、植民地化されたメンタリティを持つ人物であることを明らかにした。

実際、汚職は国の財政を傷つけ、他人の権利を奪う犯罪であると彼は続けた。したがって、KPKを含むすべての当事者は、腐敗した慣行と戦わなければなりません。

「覚えておけ!汚職は国の財政を傷つける犯罪であるだけでなく、国の経済に害を及ぼすだけでなく、腐敗は人々の権利と人権を奪う犯罪の一部であり、それが私にとって腐敗が人道に対する罪である理由です」と彼は言いました。

「したがって、今こそ、国のすべての子どもたちが、腐敗を止め、誠実さ、道徳的な力に包まれた誠実さの価値、腐敗と戦い、根絶するための高い道徳に包まれた尖った竹の銃を取り上げる役割を果たす時です」とFirliは続けました。

KPKは、汚職を根絶するために、国家警察や司法長官事務所などの他の法執行官と常に相乗効果を発揮します。

「私は政府に対し、汚職を根絶するための努力を決して台無しにしないよう注意喚起する」と彼は述べた。

「法律は、交渉の余地のない民主的価値の執行に沿って無差別に執行されなければならない」とFirliは結論づけた。

 


The English, Chinese, Japanese, Arabic, French, and Spanish versions are automatically generated by the system. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)