BPBD:南ミナハサ・アムランビーチの荒廃した北スラウェシの難民が500人近く増加
南ミナハサ、北スラウェシ(北スラウェシ)/写真アンタラ/HO-BPBD南ミナハサのアムランビーチの擦り傷による難民の状態。

シェア:

マナド - 地域災害管理庁(BPBD)は、アムランビーチ、南ミナハサリージェンシー、北スラウェシ(北スラウェシ)の摩耗による難民の数は、過去数日と比較してほぼ500人増加したと述べました。

「以前は、半径20メートル以上に住んでいた住民は難民の場所を占領していなかったが、今はそこに住んでいる(難民)」と、南ミナハサリージェンシー地域災害管理庁(BPBD)の責任者、ソリー・R・ジョセフはマナドの7月4日月曜日に報告した。

難民キャンプの世帯主の数は詳細には明記されていないが、彼によると、その数は増え始めているという。

6月29日現在のデータによると、南ミナハサリージェンシー州アムランビーチの海岸で擦り傷の犠牲者となった387人、つまり127人の家族長が、いまだに難民キャンプで暮らしている。

避難民は、レウェット総会ホール(53家族、134人)、ウウラン2世セントラムホール(46家族、158人)、親戚/家族の家(28家族/95人)にマッピングされました。

3つの難民キャンプ場には、18人の赤ちゃん、34人の幼児、4人の妊婦、42人の高齢者が住んでいます。

「彼ら(半径20メートル以上に住んでいる犠牲者)がすでに難民キャンプにいるとき、私たちは彼らに奉仕しません。結局、私たちは他の難民と同じように奉仕します」とトリーは言いました。

BPBDは、アムラン地区、特にウウラン・サトゥ村とビトゥン村の沿岸住民が経験する負担を軽減するために貢献した当事者に感謝する。

「難民のための物流の可用性はまだ利用可能です。我々はまた、まだ建設中の一時的な避難所を占領する際の難民のための物流を保証する」と彼は言った。

ソリー氏によると、難民キャンプにいた人びとには、半径50メートルまでの擦り傷の犠牲者となった住民も含まれていた。しかし、地区政府は、擦り傷の影響を受けた海岸から半径20メートル以内にいる犠牲者を優先します。

「半径20メートルの家屋が徐々に破壊され、現在も建設中の仮設住宅を優先的に占拠している」と、ソリーは述べた。


The English, Chinese, Japanese, Arabic, French, and Spanish versions are automatically generated by the system. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)