クパン警察署長が約3年間続いたテフモ・マニキン・ダム建設をめぐる紛争を調停
東ヌサ・トゥンガラ地域警察のクパン警察署長、FXイルワン・アリアントがANTARA経由でテフモ・マニキ・ダム建設の問題を解決しながら

シェア:

クパン - 東ヌサトゥンガラ地域警察(NTT)のクパン警察署長、AKBP FXイルワン・アリアントは、開発の影響を受けた住民とヌサ・トゥンガラ川飯地地域センターとの間のテフモ・マニキン・ダムの建設に関する論争を完成させる調停者となった。
 
「ヌサ・トゥンガラ2世リバーホールとのマニキンダム建設の影響を受けた住民の間でこれまでに発生した問題は金曜日に解決され、この問題は3年間続いていますが、2022年に解決されただけです」と、6月26日日曜日のアンタラから報告されたように、クパンのAKBP FXイルワン・アリアントのクパン警察署長は語った。
 
警察署長は、ボコン村と東バウマタ村の住民がヌサ・トゥンガラ2世川地域ホールおよびテフモ・マニキン・ダムを建設する過程で関係者と共同で合意したことから得られた議事録の署名を目撃した。
 
テフモ・マニキン・ダムの建設は3年近く続き、建設プロセスは頓挫した。 
 
「私たちは、マニキンダムの建設の停止につながった問題を解決する方法を見つけるために、影響を受けたコミュニティと何度かアプローチしました」とFXイルワン・アリアントは言いました。
 
彼によると、コミュニティとヌサ・トゥンガラ2世川地域ホールは、テフモ・マニキン・ダムの建設に関していくつかのことに合意した。
 
「合意にはFXイルワン・アリアントの強制はなく、両当事者は自発的に、いかなる当事者からの強制や脅迫もなく、両当事者は議事録に含まれるすべての条件に同意する」と彼は述べた。
 
彼は、議事録に含まれるすべての補償は、補償から始まり、ダムへの出入りの開放、そして入植地が浸水した住民と内部の施設を直ちに移転することから始めて、透明に行われなければならないと述べた。
 
ダムの建設によって影響を受けた住民の土地を特定するだけでなく。
 
元西スンバ警察署長は、両党がクパンリージェンシーの共通福祉のための円滑な開発プロセスを支援しなければならないことを望んでいる。
 
彼は、テフモ・マニキン・ダムの建設に関連するすべてのプロセスが、形成される苦情処理ポストを通じて透明に実行されることを望んだ。
 
「すべての当事者は円滑な開発プロセスを支援しなければならず、すべての補償は苦情ポストを通じて透明に行われなければならない」と彼は付け加えた。
 
彼はまた、テフモ・マニキン・ダムの建設の影響を受けた住民は、建設の関係者とともに、地元の習慣に従って慣習的な儀式を行わなければならないと示唆した。
 
 
合意書に署名した後、クパンFX警察署長のイルワン・アリアントとヌサ・トゥンガラ・イ・イ・リバー流域センターの所長であるアグス・ソシアワンは、開発プロセスが障害なくスムーズに進むように先祖の祝福を求める伝統的な儀式を直接目撃しました。

The English, Chinese, Japanese, Arabic, French, and Spanish versions are automatically generated by the system. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)