ロシアに断固として警告を与える、フィンランド国防相:我々は恐れず、最後の居住者に生き残る
フィンランド軍のイラスト。(ウィキメディア・コモンズ/MKFI)

シェア:

ジャカルタ - フィンランドのある軍当局者は、フィンランドはロシアを恐れておらず、北大西洋条約機構(NATO)への加盟計画のために最後の住民が侵略されるまで自衛する準備ができていると強調した。

「ロシアは主要な軍事大国だが、我々はロシアを恐れたことは一度もなく、今も彼らを恐れることはない」とフィンランド国防相のサミ・ヌルミ准将は、5月18日に引用したように、ヘルシンキ防衛本部の外でナショナルニュースに語った。

NATOに加盟したことで、北欧諸国がロシアに攻撃される可能性が減ったと、フィンランドの防衛政策の責任者は続けた。

「我々は最後のフィンランド人(フィンランド人居住者)まで防衛する」と、ロシアが彼の国に侵攻した場合、彼は強調した。

彼はさらに、フィンランドは「作戦力、より有能で現代的な力を持っているので、重心を私たちが必要とする方向にシフトさせることができる」と説明した。

artileri finlandia
フィンランド軍のK98 155砲のイラスト。(ウィキメディア・コモンズ/MKFI)

同じくNATO加盟を目指す隣国スウェーデンとは対照的に、フィンランドは冷戦終結以来徴兵を続けており、予備役兵を含む280,000人の戦闘部隊を与えている。

「冷戦後、誰もがもう軍隊は必要ないと言っていました。今日の状況は、私たちが正しい決断をしたことを証明していると思います。私たちは徴兵制を廃止せず、私たちの軍隊も近代化しました」と彼は言いました。

彼は、兵役には18歳以上のすべての男性が1年間兵役に就く必要があると説明しました。彼によると、それは国を守り、安全保障が何を意味するのかを理解する意志を鼓舞する。

「私たちは単純で頑固な人々ですが、第二次世界大戦の歴史、伝統、記憶も持っています」と彼は言いました。

「我々は、徴兵制や防衛開発を諦めるほど東部の隣国を信頼したことは一度もなかったので、我々は常に我々に対して軍事力を行使する可能性から身を守っており、軍事的に非同盟的であるため、我々は自分たちでそれを処理してきた」とサーミ准将は語った。

k9 thunder
フィンランド軍K9サンダー自走砲のイラスト。(ウィキメディア・コモンズ/MKFI)

湖、沼地、松林を含むフィンランドの険しい地形での戦いは厳しく、ロシア人は1940年の冬戦争でそれに耐え、約30万人の兵士を失いました。

その群島と浅い入り江の何千もの島々も、海から侵略することをほとんど不可能にします。

これは、フィンランドに集中した地雷層の使用によってさらに困難になっています。その海軍はまた、防空と潜水艦狩猟能力を持つ4つのフリゲート艦がある2020飛行隊プログラムが装備されます。

それだけでなく、フィンランドには、120mm迫撃砲から高度なK9サンダー追跡砲まで、さまざまなサイズと技術の2.500砲の非常に大きな武器庫もあります。

ロシアのウクライナ侵攻は、他の軍隊によって幾分見過ごされているが、フィンランドが優れている地域である砲兵の有用性を実証したことが知られています。

「ウクライナ軍によって開発された戦術、例えば、小規模で柔軟なグループで移動するなどは、私たちが専門としているものです」とサーミ准将は述べた。

ロシアが核兵器の使用を脅かした場合のフィンランドの対応の可能性について尋ねられたヌルミ准将は、「NATOにも核兵器(武器)がある」と述べた。

フィンランドがNATOに加盟しているため、ロシアは将来の侵略の影響を真剣に検討しなければならない。


The English, Chinese, Japanese, Arabic, French, and Spanish versions are automatically generated by the system. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)