スウェーデンとフィンランドのNATO加盟は脅威ではない、プーチン大統領は軍事インフラの拡大を強調
プーチン大統領とCSTO国の指導者。(出典:クレムリン)

シェア:

ロシアのウラジーミル・プーチン大統領は月曜日、スウェーデンとフィンランドが北大西洋条約機構(NATO)に加盟しても、モスクワに対する脅威はないと述べた。

しかし、プーチン大統領は、米国主導の同盟が北欧の新加盟国の軍事インフラを支援する場合、断固として対応すると警告している。

1999年以来、ロシアの最高指導者であるプーチン大統領は、ウクライナ紛争の理由として、ソ連崩壊後のNATO同盟が東のロシア国境に向かって拡大していることを繰り返し挙げている。

しかし、ここ数カ月、ウクライナをめぐって欧米でロシアの核兵器を騒がせたプーチンは、フィンランドとスウェーデンのNATO加盟の申し出に対して、非常に冷静な反応をした。

「拡大に関して、ロシアはこれらの国々に何の問題もない。したがって、この場合、これらの国々を含めるための(NATOの)拡大からロシアへの直接的な脅威はない」とプーチンは旧ソ連諸国の同盟会議で語った。

「しかし、この地域への軍事インフラの拡大は、確かに私たちの反応を引き起こすでしょう。それ(応答)は何ですか?我々は、我々にとってどのような脅威が生み出されるかを見るだろう」と彼はベラルーシ、アルメニア、カザフスタン、キルギスタン、タジキスタンを含む集団安全保障条約機構(CSTO)の指導者に語った。

クレムリンの王宮で演説したプーチン大統領は、NATOをほのめかす短い演説を読み上げ、旧ソ連に生物研究所を建設したアメリカ合州国を叱責した。

プーチン大統領は、ロシアは、アメリカ合州国がウクライナで生物兵器部品を作ろうとした証拠を持っていると言っているが、ワシントンとキエフはこれを否定している。

NATOの「果てしない拡大政策」に加えて、ロシア大統領は、同盟はユーロ大西洋の権威をはるかに超えており、ロシアは慎重に従っていると述べた。

ロシアで最も敏感な地政学的懸念の一つ、ソ連崩壊後のNATO拡大に対するクレムリン指導者の驚くほど控えめな対応は、外務省とその上級同盟国からのより厳しい言葉のいくつかとは対照的だった。

彼が演説する前に、ロシアのセルゲイ・リャブコフ外務副大臣は、欧米は幻想を持つべきではなく、モスクワはNATOの北欧拡張に我慢するだけだと述べた。コメントはまだ国営テレビで再生されています。

プーチンの最も近い同盟国の一人、ドミトリー・メドベージェフ元大統領は先月、フィンランドとスウェーデンがNATOに加盟すれば、ロシアはカリーニングラードのロシアの飛び地に核兵器と極超音速ミサイルを配備できると述べた。

欧米は、ポーランドやハンガリーのような旧ワルシャワ条約機構共和国や、アメリカ合州国、イギリスやフランスのような核保有国を含む30カ国同盟のNATOは、純粋に防衛的だと言う。


The English, Chinese, Japanese, Arabic, French, and Spanish versions are automatically generated by the system. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)