法廷に出廷した性暴力のわずか300件のうち、ワメンクムハム:私たちのイベント法に何か問題があります
法と人権の副大臣(ワメン・クナム)エドワード・O・S・ヒアリエジ。(アンタラ)

シェア:

ジャカルタ - 法と人権(Wamenkumham)のエドワード・オマール・シャリフ・ヒアリエジ副大臣は、法廷で法的手続きが続いている性暴力のケースは300件未満に過ぎないと述べた。

「コムナスHAMやKPAIなどのデータによると、子どもや女性に対する性的暴力のケースがあり、約6,000件あったが、法廷に着いた人は300人未満、つまり5%未満だった」とエドワードはジャカルタのDPRコンプレックスで語った、と3月28日月曜日、アンタラは報じた。

彼によると、データは現在の事象の法則に誤りがあることを示しています。「法的背景を持つ私たち(裁判官)は、何か間違っていることを意味し、私たちの出来事の法律に何か問題があります」とエドワードは言いました。

したがって、性暴力犯罪法草案(RUU TPKS)の問題目録リスト(DIM)に含まれる新しい物質に従って、事象の法律を非常に詳細に規制する必要があります。

「実際、新しい内容は、刑事規定の問題と事件の法律に多くを当てています」と彼は言いました。

Wamenkumhamはまた、TPKS法案がすでに施行されている他の規制と重複しないと確信しています。

「DIMを作成し、議論するとき、私たちは既存の法律、家庭内暴力保護法の両方と並置し、次に児童保護法があり、人権裁判所法との紛争を含む刑法草案があるため、この法律は他の法律と重複することはありません」と彼は言いました。

 


The English, Chinese, Japanese, Arabic, French, and Spanish versions are automatically generated by the system. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)