火災接触中に1人の兵士が死亡、パンダムはTNIがメイブラットテロリスト分離主義グループから撤退しないと主張する
間の写真経由

シェア:

ソロン - コダム18世/カスアリ・マジ将軍TNI Iニョマン・カ・セラルは、メイブラット地域における西パプアのテロリスト分離主義グループの真の攻撃が、西パプアのインドネシア共和国の主権を守る上でTNI闘争の精神を損なわないまで、脅威を主張した。

「たとえ我々がこの攻撃で決して引き下がらないとしても、我々はインドネシア共和国の主権を守るために戦うだろう」とパンダムXVIII/カスアリは言った。

カペンダム大佐アーム・ヘンドラ・ペシレロンはプレスリリースで、司令官と彼の拡張家族コダムXVIII/カソワリーは、メイブラット地域のパプア・テロリスト分離主義グループの攻撃で2人のミスケル・ルンビアク軍曹の死を悼ったと言いました。

パンダムはまた、彼が彼らのコミュニティサービスの任務を遂行しながら、5人のTNI兵士の攻撃の加害者を強く非難したと言いました。

陸軍はラジャ・アンパット、ルンビアク・サエレリ一族、彼の土地と人々に仕えた国の最高の息子ドゥア・ミスケル・ルンビアクから1人の先住民パプアプアの息子を失いました。

「マムンはメイブラット西パプアの呪われたテロリスト分離主義グループによって非人道的に扱われた」とカペンダムは言った。

彼によると、パンダム・カスアリは、2人のミスケル・ルンビアク軍曹が4人の負傷したメンバーと共に、東アイファト地区の地域社会のために領土コーチング任務を遂行している間に攻撃されたと言いました。

「ヨンジプル20/PPA兵士は、メイブラットリージェンシーのイーストアイファット地区のファンカリオ村とカマト村の間の唯一の接続アクセスである歩道橋を建設していましたが、KSTパプアに襲われました」と、カペンダムが言いました。

カペンダムは、5人のヨンジプル20/PPA兵士の容疑者グループが同じグループ、すなわち西パプア全国委員会(KNPB)から来たと述べた。

「彼らは昨年9月にキソル村でコラミルポスト攻撃準備の後にDPOステータスを持つKNPBメイブラットのグループであると強く疑いました」と、カペンダムが言いました。

カペンダムは、第20ゼニテンピュール大隊/ポービリ・ペッレ・アランの兵士またはヨンジプル20/PPAと略称された兵士が有機ゼニ大隊コダムXVIII/カソワリーであると説明した。

「このユニットの名前は、地元の言語、すなわちポービリから取られます:建物、ペレ:ファイティング、アラン:戦士、戦い、構築する準備ができている兵士を意味します」と、カペンダムが言いました。

攻撃後、カスダム18世/カスアリ、ジョコ・アンドコ将軍はすぐにパンダムをソロンに代表するために駆けつけた。彼のレビューでは、カスダムはダンレム181 /PVP、アインテル、アサプス、カジダム、ダンディム1802 /ソーロンを伴い、現在ソンアル病院で治療を受けているKSTパプアからの攻撃の犠牲者となった兵士の状態を直接見た。


The English, Chinese, Japanese, Arabic, French, and Spanish versions are automatically generated by the system. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)