BNPB:セメル山の噴火で22人が死亡
アンタラ経由の写真

シェア:

ジャカルタ - 国家災害管理局(BNPB)の作戦管理センター長アブドゥル・ムハリは、東ジャワ州ルマヤン・リージェンシーのセメル山の噴火による死者数が22人に達したと報告した。

「死亡した犠牲者の詳細はプロノジウォ地区で14人、カンディプロ地区の8人と特定されました」と、アブドゥル・ムハリは12月6日(月曜日)の夜、アンタラが引用したプレス声明を通じて述べました。

アブドゥルは、20.15 WIBの時点で火傷や負傷者などの負傷した犠牲者の数は56人であり、他の22人の住民が行方不明と報告されたと言いました。

一方、被災者数は5,205人、避難人口は2,004人でした。

「行方不明と宣言された住民の数に関して、コマンドポストはまだデータ収集と検証を行っています」と、彼が言いました。

避難民の育成に関して、アブドゥルは、2,004人もの住民が19の避難所に広がった19の避難所、すなわちプロノジウォ、カンディプロ、パシリアのサブ地区に広がっていると言いました。

最も多くの生存者はカンディプロ地区で1,136人、パシリアン563人、プロノジウォ305人でした。

現在、生存者はカンディプロ・サブ地区(スールルー村ホール、ペナンガルビレッジホール、スンバームユ村ホール、スンバーヴルー村のレンテンビレッジハムレット、スンバーヴルー村のカヤルクニングハムレット、カンディプロサブディストリクトオフィス)など、多くの安全な場所に避難しています。

パシリアン地区はコンドロビレッジホール、パシリアンビレッジホール、バイトゥラフマンパシリアンモスク、ヌルルフダアロンパシリアンモスクを占めています。

プロノジウォ地区の難民がSDNスピトゥラン04の建物を占領し、 スーピトゥランハムレットのバイトゥルジャディドモスク、SDNオロオロオンボ3、SDNオロオロオンボ2、オロオンボ村のカンプンレンテン集落モスク、オロオロオンボビレッジホール、スンベルリップビレッジホール、SDNスンベルリップ2、カンプンレンレンレンとサンブルブル・オルボ村のハムレットの親戚の家

死亡者の影響に加えて、アブドゥルは、セメル山の熱い雲が住宅、教育、インフラセクターに損害を与えたと言いました。

指揮ポストオフィサーは、2,970ユニット、教育施設38ユニット、橋(グラダック・ペラック橋)の影響を受けた家屋に関する一時的なデータが壊れ、合計1ユニットで、物質的損失の影響をまだ更新しています。


The English, Chinese, Japanese, Arabic, French, and Spanish versions are automatically generated by the system. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)