マイクロソフトは、地球上で最も豊かなテクノロジー企業としてアップルをほぼ追い越します, これは、その株式の価値です!
マイクロソフトは、世界で最も裕福な企業としてアップルを打ち負かすことができました。(写真:アンスプラッシュ)

シェア:

ジャカルタ — iPhoneメーカーが四半期決算を発表する前日の10月27日(水)、マイクロソフト社のシェアが世界で最も価値のある企業としてアップル社をほぼ追い越しました。

Azureクラウドコンピューティング事業の四半期の力強い成長に支えられ、マイクロソフト株は4.2%上昇し、過去最高の1株当たり323.17米ドル(Rp450万ドル)で終了し、ソフトウェアメーカーの時価総額は2.426兆米ドル(Rp34,5 quadrillion)に増加し、アップルの評価額2.461兆米ドル(Rp35drilli)をわずかに下回りました。

アップル株は10月28日(木)に締め切られた報告書を前に0.3%下落し、投資家は世界的なサプライチェーン危機が同社のiPhone需要を満たす能力にどのように挑戦しているかについて焦点を当てた。

マイクロソフトの株価は今年45%上昇し、パンデミックによるクラウドベースのサービス需要が売り上げを押し上げている。アップルの株価は2021年に12%上昇した。

アップルの株式市場価値は、iPhoneが世界有数の消費者技術企業となったため、2010年にマイクロソフトを追い越しました。両社は近年、ウォール街で最も価値のある企業として交代しており、アップルは2020年半ばからタイトルを保持している。

火曜日遅くにレポートでは、マイクロソフトは活況を呈するクラウド事業のおかげで暦年に向けて力強い終わりを予測したが、サプライチェーンの苦境はSurfaceラップトップやXboxゲーム機を製造するような主要ユニットを悩ませ続けるだろうと警告した。

Refinitivによると、アナリストは平均して、アップルが9月期の利益を31%増の848億ドル、1株当たり利益を1.24ドルに調整すると予想している。


The English, Chinese, Japanese, Arabic, French, and Spanish versions are automatically generated by the system. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)