Googleは拡張現実5絶滅危惧動物を作成し、ここでそれを見る方法です
絶滅の危機に瀕している動物の3D画像がGoogleで利用可能になりました。(写真:グーグル)

シェア:

Googleは、5匹の動物から拡張現実を作り出すことで、絶滅危惧種に対する意識を高めています。ハイテク企業はまた、ユーザーが自分の家で検索して見ることができる他のAR動物を提供しています。

これには、トラ、ライオン、オオカミなどの動物園で見られる動物が含まれます。 タコ、カモノハシ、コアラなどのエキゾチックな動物も含まれています。

スウェーデンの動物ARレンダリングは、Googleが絶滅危惧種を蘇生したのは初めてではありません。2019年、Googleは絶滅危惧種の日、世界野生生物基金(WWF)、Netflixの地球とのパートナーシップに関するブログで発表しました。Googleは、これらや他のパートナーと共に、野生動物をより迅速に特定して発見するためのワイルドライフインサイトプラットフォームを作成しました。

アップルやフェイスブックのような他のハイテク企業もARゲームに参入しています。今年初め、アップルのティム・クック最高経営責任者(CEO)は、AR、人工知能、アップルデバイスが健康にどのような影響を与えるかに興奮していると語った。フォビーズはまた、アラクノフォビアとしても知られているクモの恐怖を減らすためのアプリを作成しました。アプリは、ユーザーが自分の携帯電話上の自分の部屋にクモの3Dバージョンを配置することができます。

Googleは水曜日、絶滅危惧種に意識をもたらすために、極地キツネ、オオヤマネコ、港イルカ、苔のカーダーミツバチ、白いバックキツツキを含むスウェーデンからの5匹の希少動物のARバージョンのリリースを発表しました。

3Dディスプレイは、スウェーデン自然保護協会とのコラボレーションの一環です。この組織は、国際自然保護連合のレッドリストに基づいて、さまざまな理由でこの種を選択します。バルト海には白いバックトリガーと港イルカが残っています。したがって、両方の種は絶滅危惧種として分類されます。

森林破壊はキツツキや毒素に影響を与え、騒音汚染はイルカに影響を与えます。北極キツネは気候変動による人口減少を抱えているため、絶滅危惧種の脅威レベルは高くなっています。オオヤマネコやコケカーダーミツバチの自然の生息地を保護する必要があるので、彼らは「野生で繁殖し続けることができます。この脅威レベルは脆弱です。

密猟や違法な交通はまた、彼らの生息地でオオヤマネコに影響を与え、「花の数の減少」はミツバチに害を与えています。種はまた、「存在しないから緊急に様々な脅威レベルで」世界の他の地域に住んでいます。

3Dで絶滅危惧種5種を見る方法

ユーザーは、スマートフォンを介してGoogleでそれを検索することにより、5つの絶滅危惧種のうちの1つを簡単に見ることができます。たとえば、検索バーで北極のキツネを探します。動物の概要まで下にスクロールします。ここでは、ダイエット、捕食者、およびその特性などのキツネについてもっと学ぶことができます。

絶滅危惧種を表示するには、「3D で表示」をクリックします。次に、[スペースを表示] をクリックします。電話を空の場所に向け、キツネが現れるまでゆっくりと電話を前後に動かします。動物の音を聞くために音量が高いことを確認してください。その後、人は部屋のどこにでも移動することができます。その後、北極のキツネは飛躍します。ユーザーは写真やビデオを撮影できます。

スウェーデンには2,249種の絶滅危惧種があります。GoogleとSSNCは、これらの絶滅危惧動物のARバージョンを立ち上げることで、世界中の人々がそれらと助け方についてもっと学ぶことを願っています。


The English, Chinese, Japanese, Arabic, French, and Spanish versions are automatically generated by the system. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)