マイクロソフトは、その建物ショーワクチン証明書を入力する人を必要としますが、例外があります
マイクロソフトのオフィスに入る今、ワクチンの手紙を表示する必要があります。(写真:アンスプラッシュ)

シェア:

ジャカルタ - マイクロソフトは、9月から米国のマイクロソフトの建物に入る人は、ワクチン接種の証明を提示する必要があることを従業員に発表しました。医療条件や宗教などの保護された理由を持つ従業員は、ワクチンを接種できない特別な宿泊施設を受けることができます。

また、9月から「2021年10月4日までに」全事務所の再オープン日を押し上げた。

The Vergeと共有されている同社の完全な声明は次のとおりです。

「パンデミックの始まりからずっと進んでいるので、社員の健康と安全を第一に守りながら、新たな動きを監視し、状況が進むに合わせて計画を調整し続けています。

健康とデータの専門家との継続的な協議に基づいて、米国の作業現場の完全な開設のための最も早い日は2021年10月4日より早くはありません。9 月からは、米国の Microsoft ビルに入り、従業員の宿泊施設プロセスを行うすべての従業員、ベンダー、およびゲストに対する予防接種の証明も必要になります。

今後も、現地の各地域・国・州で現地で状況を見直し、必要に応じて日付や政策を調整します。

「免疫抑制された人やワクチンを接種するには若すぎる子供を持つ親の世話をするスタッフは、1月まで自宅で働くことができるだろう」とマイクロソフト筋はThe Vergeに語った。

マイクロソフトの発表は、全国のCOVID-19ケースの急増と他のハイテク企業によって課されたより厳しいポリシーに続きます。

Facebookはまた、すべての米国の従業員がオフィスでマスクを着用し、すべての従業員がオフィスに戻ったときにCOVID-19の予防接種を受けることを義務付けています。Facebookは10月に完全に再開したいと考えています。

また、Googleは職場に戻る前に従業員に予防接種を受けることを義務付け、10月18日まで帰国を延期した。


The English, Chinese, Japanese, Arabic, French, and Spanish versions are automatically generated by the system. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)