通信・情報大臣、すべての当事者に対し、デジタル主権を維持し、PSEの役割を評価するよう呼びかける
第77回インドネシア独立記念日式典に出席したジョニー・G・プレート通信・情報大臣(写真:Kemkominfo TVのスクリーンショット)

シェア:

ジャカルタ - ジョニー・G・プレート通信・情報相は、すべての当事者に対し、国家デジタル主権を維持するよう呼びかけます。 

インドネシア共和国独立77周年記念式典で与えられた委任状で、ジョニーは新たな植民地化を起こさないよう求めた。 

「デジタル空間は治外法権的であり、その中を移動するデータは国境を越えて通過することを考えると、新しい植民地化空間、デジタル植民地は開かれません」と通信情報大臣はプレスリリースに基づいて述べました。

通信情報大臣によると、価値の移動とデータの流れを国内的にも世界的にも適切に管理するためには、データ主権が重要です。

「デジタル空間の利用は、各国の規制や法律に則って参照されなければなりません。デジタル主権は、戦わなければならない必需品です」とジョニーは続けた。 

さらに、ジョニーは登録した電子システムオーガナイザー(PSE)も高く評価しました。彼によると、合法的なPSEは人々がデジタル空間をうまく利用できるようにするからです。 

さらに、通信情報大臣は、インドネシアのデジタル空間が地域社会にとって清潔で有益なものであり続けるよう、すべての当事者に引き続き維持するよう呼びかけます。

Kominfoはまた、デジタル空間での違法な違法行為の余地を作らないと強調した。 

「過激主義やテロリズム、麻薬密売、オンラインギャンブル、オンラインポルノ、違法なフィンテック、インドネシアのデジタル空間で流通し取引されている違法な取引やサービスの行為など、デジタル空間における違法で違法な行為の余地を提供しません」と彼は説明しました。


The English, Chinese, Japanese, Arabic, French, and Spanish versions are automatically generated by the system. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)