コミュニケーション・情報大臣、ABCの分野でますます有能なデジタル人材の創出を奨励
ジョニー・G・プレート通信・情報大臣。(写真:ドキュメント間)

シェア:

ジャカルタ - 同国におけるデジタル人材の創出は、政府によって引き続き奨励されています。 コミュニケーション・インフォマティクス大臣(Menkominfo)のジョニー・G・プレート氏はまた、ABC(人工知能、ビッグデータ、クラウドコンピューティング)として知られるデジタルスキルを向上させるようデジタル人材に奨励した。

「私たちは、現在と未来に必要なデジタルスキルを備えた国家デジタル人材のニーズを準備する必要があります」と、MNCフォーラムLXIV(第64回)MNCグループのウェビナーで、ジョニーは7月2日土曜日のAntaraが引用したプレスリリースで述べました。

ABCのデジタルスキルは、インドネシアが市場としてだけでなく、自国のイノベーションやテクノロジーの分野でプレーヤーになれるように、メタバースなどの技術開発を予測するためにも必要です。

「これらのさまざまな機会により、少なくとも今日では業界で必要とされている、今日必要とされるスキルを持つ人材やデジタル人材を準備することが適切です」とジョニー氏は述べています。

デジタルスキルは、インドネシアのデジタル経済の市場の可能性を解き放つ上でも重要な役割を果たします。デジタル経済は現在、経済のバックボーンの1つであり、インドネシアを含むさまざまな国でCOVID-19パンデミック後の経済回復の主要なツールとなっています。

インドネシアのデジタル経済の評価額は一貫して上昇しており、2020年には675兆ルピアでしたが、2021年には1,005兆ルピアに上昇しました。

「この成長は2025年までに2,096兆ルピアに達し、年平均成長率は20%に達すると予測されています。実際、2030年までに4兆5,310億ルピアに達すると、ASEANのデジタル経済の42%に相当します。この値は、2030年までに東南アジアのデジタル経済の評価額の2倍になると予測されています」とジョニー氏は述べています。

デジタル経済部門はまた、インドネシアの国内総生産(GDP)への寄与度が高まり、2019年は2.9%、2020年には4%でした。「そして、2030年までに18.8%に増加し続けると予測されています。

存在するさまざまな機会は、デジタル時代に必要なスキルを持つデジタル人材を育成することによって対処する必要があります。

したがって、Kominfoにはデジタルリテラシープログラムがあり、その1つはインドネシアのデジタル経済の加速を支援することです。同省はまた、情報通信技術(ICT)インフラを構築した。


The English, Chinese, Japanese, Arabic, French, and Spanish versions are automatically generated by the system. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)