インドネシア、G20が世界中でデジタル・エクイティを促進すると期待
ジョニー・G・プレート通信・情報大臣。(写真:ドキュメント間)

シェア:

ジャカルタ - 世界のあらゆる場所でデジタル接続を均等に配布することは、今や非常に重要です。このため、インドネシア政府はインドネシアのG20議長国を利用して、デジタル化が世界中に均等に分散されることを奨励しています。

公平な連結性に対する真の支持は、デジタル経済作業部会を通じて実現され、デジタル連結性はフォーラムでG20加盟国と議論されるべき優先課題の1つである。

デジタルコネクティビティが世界レベルで議論されるべき非常に重要なものになったのは理由がないわけではありません。コロナウイルスのパンデミック以来、インターネットは、身体活動が非常に限られているときに活動や経済に非常に役立つことが証明されているため、交渉の余地のない必要性となっています。

インターネットに大きく依存しているのに、実はアクセスできない人もまだたくさんいます。通信情報技術省から引用された2021年の国際電気通信連合(ITU)のデータによると、インターネットを使用したことがない人が世界には29億人いる。

「現在、技術の進歩は非常に速いです」と、しばらく前にANTARAの編集者との特別インタビューで、通信情報大臣のジョニー・G・プレートは言いました。

急速な技術開発が進む中、すべての人々がインターネットの恩恵を体験できるよう、情報通信技術インフラを構築している国がまだまだあります。

G20に加盟した国は、大きく分けて2つのグループで構成されています。第1に、G7のメンバーでもある国々は、テクノロジーの産出国です。彼らは日本、カナダ、フランス、イタリア、ドイツ、米国、英国です。

第2のグループは、技術を使用する発展途上国で構成されています。インドネシアはこの第2のグループに含まれる。

これら二つのグループの利益は確かに異なっています。政府は、デジタル接続に関する合意が加盟国と世界の両方で享受できるように、これら2つのグループの「架け橋」となることを約束しています。

「私たちはこれを交渉のテーブルに置き、G7先進国の利益と第三世界の国々の利益の間に、技術ユーザーとしての共通の基盤を見いだすことができるようにしたいと考えています」とジョニーは言いました。

インドネシアのデジタルインフラ

インドネシアでは、情報通信技術インフラの整備が、現在世界で最も広く利用されているセルラーネットワークである4Gに焦点が当てられています。

4Gインフラの開発には、光ファイバケーブルの展開とベーストランシーバーステーション(BTS)タワーの建設が含まれます。

陸と海の両方から光ファイバーケーブルで通信ネットワークに接続できない地域については、政府は衛星容量を準備しており、その埋蔵量とともにSATRIA-1多機能衛星も建設しています。

インドネシアにおけるデジタルインフラの整備は、4Gの優先順位付けに加え、2021年から同国で限定的に採用されているネットワークである5Gにも向いています。

インドネシアと世界の両方で、公平な連結性に関して考慮しなければならない3つの側面があります。第一に、展開されたICTインフラは、他国とつながっている必要があります。接続性は基本的に単独では立ちはまりません。

第二に、十分な能力を有する人材です。

「資格と数字の両面で適切で資格のあるデジタル人材の資格を高める方法」とジョニー氏は述べています。

たとえば、インドネシアでは2015年から2030年の間に900万人のデジタル人材が必要です。年間分割すると、インドネシアは平均してデジタルスキルを持つ60万人の人材を必要としています。

第三に、適切な周波数スペクトルの利用可能性。この場合、インドネシアは4Gと5Gの帯域幅を提供するために無線周波数スペクトルを耕作(追加)および再農業(再配置)しています。

知識交換イベント

G20フォーラム、特にデジタル経済作業部会は、接続性の問題とCOVID-19後の回復について議論し、デジタル接続の公平な分配において加盟国がどのような慣行を行っているかについてのアイデアを交換し、経験を共有する場として機能します。

このフォーラムでは、インドネシア政府が通信情報省を代表して、技術生産国と技術利用者の間で、接続性の問題を解決するための議論を奨励しました。

「生産国の利益が消費国の利益とどのように一致するか、ミーティングポイントが必要です」とジョニーは言いました。

DEWGフォーラムは、公平な接続性の問題をどのように解決できるかについての情報と知識を交換する場となることが期待されています。

例えば、情報交換を通じて、インドネシアがインフラ整備やデジタル人材に関して行っている慣行は、同じケースを持つ他の国々にも採用される可能性があります。

「これらの例は、G20および世界中でデジタル化がうまく機能するように、他の国々によっても実施されなければなりません」とジョニーは言いました。

このフォーラムによって作成される合意は、法律ほど拘束力はありませんが、加盟国がそれぞれの優先事項に従って規制に採択することができます。

「G20合意における交渉の重要性は、この点です。その後、規制や情報分野における多国間協力や二国間協力の形をとる可能性があります」とジョニーは述べた。

G20 DEWGにおけるデジタル接続性の問題の議論は、G20フォーラムが経済に与える影響の広範囲という点で戦略的であるため、重要です。

G20加盟国は世界経済の85%、世界貿易の79%を支配しています。このフォーラムの加盟国の人口のカバレッジも広く、世界人口の65%にものぼります。


The English, Chinese, Japanese, Arabic, French, and Spanish versions are automatically generated by the system. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)