Appleの最新のApp Storeポリシーは、6月30日から簡単なアカウント削除要件を実装しています
アップル、6月30日からアカウント削除要件の制定を開始(写真:アップル)

シェア:

ジャカルタ - 2022 年の World Wide Developer Conference (WWDC) で、Apple は App Store に多くのポリシー変更を導入した。現在、Appleは開発者に、以前に保留されていたポリシーの更新を有効にする準備ができていることを思い出させています。

6 月 30 日から施行される App Store のルールには、有料オンライン グループ サービスを提供するアプリがアプリ内支払いシステムを使用するという要件と、開発者がアカウントを簡単に削除できるという要件の 2 つの変更があります。

「注意点として、アカウント作成をサポートするアプリは、App Storeレビューガイドライン5.1.1(v)に記載されているように、ユーザーが2022年6月30日からアプリ内でアカウントの削除を開始できるようにする必要があります」とAppleは5月25日水曜日の公式発表で書いています。

App Store レビューガイドライン 5.1.1(v) は、アカウント削除の簡素化に関するものです。つまり、アカウントの作成をサポートするアプリでは、アプリ内で同じアカウントを削除する方法を提供する必要があります。

当初、このルールの変更は1月31日に設定されていましたが、Appleは開発者にこれらの要件を実装するための追加の時間を与えることを目的として期間を延長しました。

Appleは開発者に、アカウント削除オプションは見つけやすく、ユーザーはアカウントとその個人データを削除できる必要があることを思い出させました。Appleはまた、アプリケーションを更新するときに考慮しなければならないいくつかの条件を思い出させました。

アカウントの削除オプションは、アプリで見つけやすいものにする必要があります。 App で Apple でサインインできる場合は、「Apple REST API でサインイン」を使って、アカウントを削除するときにユーザートークンを取り消す必要があります。 アカウントを一時的に非アクティブ化または非アクティブ化する機能を提供するだけでは不十分です。ユーザーは、自分の個人データと共にアカウントを削除できる必要があります。 規制の厳しい業界のアプリケーションでは、追加の顧客サービスフローを提供して、アカウント削除プロセスを確認し、促進することができます。ユーザー アカウント情報の保持と保持、およびアカウント削除の処理について、適用される法的要件に従います。 これには、さまざまな国や地域の現地の法律の遵守が含まれます。いつものように、弁護士に確認してください。

 


The English, Chinese, Japanese, Arabic, French, and Spanish versions are automatically generated by the system. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)