ドイツでは、ロボットアバターのおかげで病気の子供たちはまだ学校で対話することができます
アバターロボットは学校での相互作用を助けます。(写真: doc. アンスプラッシュ)

シェア:

アバターロボットは、ドイツの学校の子供たちを助けるために使用され始めています。これは、病気で学校に行きすぎて学び続けることができなかった7歳のジョシュア・マルティニアンジェリに起こりました。

ドイツの小学生は、自分の代わりにクラスに座って、何かを言いたいときに点滅する信号を送るアバターロボットを通して、教師やクラスメートと対話することができます。

「子供たちは彼と話し、彼と一緒に笑い、時にはレッスン中に彼とおしゃべりすることさえあります。「ジョシもうまくやれる」とベルリンのプステブルメ・グルンシューレ校長のユート・ウィンターバーグはロイターのインタビューで語った。

「ジョシュアは重度の肺疾患のために首にホースを巻いていたので、授業に出席できませんでした」と母親のシモーネ・マルティニアンジェリは言いました。

小学生のためのロボットアバタープロジェクトは、マルツァーン・ヘラースドルフのベルリン地区の地方議会が資金を提供する私的なイニシアチブです。

「ベルリンで唯一、学校のアバターを4枚購入した地区です。その原動力はCOVID-19ですが、これはパンデミックをはるかに超えた未来になると思います」と地区教育評議員のトーステン・クエーネは言いました。

「子供が直接授業に行けないことを、様々な理由で時々起こります。その後、アバターは子供に学校コミュニティの一部であり続ける機会を与えることができます」と、Kuehneが言いました。

彼は、彼が州レベルで政治的議論でプロジェクトを上げたと付け加えました。

「私は彼のアバターを愛しているので、私はそれが大好きです」と、学生ノア・クエスナーは、彼が再びジョシュアに会うのを楽しみにしているかどうか尋ねられたと言いました。「そして、ジョシが実際に学校に来ることができれば」と、別のクラスメートのベリタン・アスラングルは言いました。


The English, Chinese, Japanese, Arabic, French, and Spanish versions are automatically generated by the system. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)