火星でNASAのロボットの自分撮りを覗く
NASAの好奇心ローバーはちょうど写真を撮りました。(写真:NASA)

シェア:

ジャカルタ - NASAの好奇心ローバーは、彼が火星にいる間に自分撮りをしました。彼は赤い惑星の熱気に包まれた岩と砂の地形のすぐ上にいました。

好奇心は2012年8月に火星に上陸し、赤い惑星が居住可能であるという証拠を求めてゲイルクレーターを探検し続けています。このロボットは他のロボットとは全く違います。

途中でセルフィーを撮ることは悪名高いので、今回は好奇心が2つのランドマーク、ローバーの後ろに左にグリーンヒューペディメントと呼ばれる岩の形成、写真の中央右にラファエル・ナバロ山と呼ばれる丘の美しい景色を提供しています。

好奇心は、ローバーミッションの3303番目の火星の日だった昨年11月20日に最新の360度の自分撮りを取りました。この肖像画は、ローバーのロボットアームの端にある火星ハンドレンズイメージャー(MAHLI)によって撮影された81枚の個々の画像で構成されています。

NASAは11月29日、太陽が空を輝く火星の豪華な景色を特徴とする好奇心の最新の自分撮りを間近で共有しました。画像は、ローバーを取り巻く様々で険しい地形と共に、火星の表面の錆びた赤い色を強調しています。

写真はまた、好奇心が2014年以来探検している高さ3.4マイル(5.5キロメートル)の高い山、シャープ山の景色を捉えています。探検家たちは、特に赤い惑星の過去の手がかりを求めてシャープ山を横断しました。比較的暖かく湿った世界が寒い砂漠に向かったとき、それは今日です。

以前は、好奇心は2021年4月に火星でラファエル・ナバロ山を撮影していたが、その時、丘は1月26日に死ぬまで任務に取り組んだ元天体生物学者のラファエル・ナバロ=ゴンサレスにちなんで命名された。

4月の同じ頃、ロボットローバーはグリーンヒュー・ペディメントを登り、岩層の上からの眺めを捉えました。今、好奇心はマリア・ゴードン・ノッチと呼ばれる狭い通路を下り、写真の左側のローバーの後ろに捉えられたU字型の開口部です。


The English, Chinese, Japanese, Arabic, French, and Spanish versions are automatically generated by the system. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)