マイクロソフトオフィス2021は、ダークモードで来て、すぐに起動します
Micrsoftは、ダークモード(The Verge)で完了したOffice 2021を起動します

シェア:

ジャカルタ - 今週、マイクロソフトは Office 2021 を導入しました。このビジネスソフトウェアとパーソナルソフトウェアは、MacOSやWindowsを含め、2021年末までに発売される予定です。

マイクロソフトは、Office 2021 の登場に関するより詳細な情報を提供していませんが、これは以前のバージョンとあまり変わらない価格で Office 2021 にフラグを設定することは明らかです。

「リリース時にこの製品の価格を変更する予定はありません。可用性が近づくにつれて、Office 2021 に含まれる新機能の詳細をお知らせします」と、マイクロソフトは公式ウェブサイトで述べています。

「ワンタイム購入」タイプの製品購入に対して、同社は5年間のアクティブ期間を提供します。この最新のマイクロソフト製品は、The Vergeによって報告されているように、ダークモードまたはダークモードが装備されると予測する人もいます。

これらの機能に加えて、マイクロソフトは Office 長期サービス チャネルまたは LTSC も起動します。このデバイスは、長期間 Office サービスを必要とする商用および企業の消費者向けに使用されます。

公式ウェブサイトによると、Office LTSCは長期的なサービスやアプリケーションを利用する産業目的のために構築されています。これにより、製品は変更されず、長い時間のこれらの機能が付属します。

マイクロソフトでは、MRI スキャナー、生産プロセス コントローラ、航空管制デバイスを使用した医療業界の例を提供しています。同社はまた、このLTSCにはXLOOKUPや動的配列などの多くの改善されたアクセシビリティ機能が付属することを確認しました。

マイクロソフトはまた、同社が一部のアプリケーションにダークモードをもたらすと付け加えた。Word、PowerPoint、Excel、および Outlook のパフォーマンスも再び向上します。

製品は2021年後半に発売され、64ビット版と32ビットバージョンの2つのバージョンで利用可能になります。


The English, Chinese, Japanese, Arabic, French, and Spanish versions are automatically generated by the system. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)