米当局、テスラに15万台の車両の引っ張り込みを求める
テスラのイラスト。(ヴラド・トンパロフ/アンスプラッシュ)

シェア:

ジャカルタ - 米国の電動自動車メーカー、テスラは、158,000台のテスラモデルSとモデルXユニットのリコールを依頼されました。

この要求は、タッチスクリーンディスプレイが誤動作する原因となったメディアコントロールユニット(MCU)の故障に関して、米国国家道路交通安全局(NHTSA)によって行われました。

ドライバーが車の後部の外観を失うため、これは運転安全上のリスクを引き起こす可能性があります。同様の要求は、他の自動車メーカーによっても行われています。

すべてのモデルSとモデルXではなく、モデルSの生産範囲2012-2018とモデルXの生産期間2016-2018に限定されます。

「タッチスクリーンディスプレイの損失はまた、テスラがオートパイロットシステムステアリングアシスタンス機能を失い、車両上の既存の機能に関連する警告に対する危険警告の損失を引き起こす」と、NHTSAはロイターが報告したように説明した。

「オートパイロットなどのシステム関連の警告を失うことは、ドライバーが動作しないシステムがあることを認識していないため、事故のリスクを高めます」とNHTSAは説明しました。

さらに、タッチスクリーンの故障は、悪天候の中でドライバーの視認性を低下させ、事故のリスクを高めます。

テスラはこれに関する詳細を明かしていない。しかし、彼らは1月27日までにNHTSAに応答する必要があります。それが同意しない場合、テスラはNHTSAとその証拠に完全な説明を提供できるはずです。


The English, Chinese, Japanese, Arabic, and French versions are automatically generated by the system. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)