バイエルン 4-1 ラツィオ
ラツィオ戦でチーム3点目を決めた後、ロバート・レヴァンドフスキと祝うリロイ・サネ(右)(写真:アンタラ)

シェア:

ジャカルタ - バイエルン・ミュンヘンは、2月24日(水)にスタディオ・オリンピコで行われたラウンド16第1戦でラツィオを4-1で破り、チャンピオンズリーグ王者としての地位を証明しました。

ロバート・レヴァンドフスキ、ジャマル・ムシアラ、リロイ・サネがラツィオ戦でそれぞれゴールを決め、DFフランチェスコ・アセルビがオウンゴールでゴールを決めた。

2000年以来チャンピオンズリーグのノックアウトステージに復帰したばかりのラツィオは、ホアキン・コレアを通じて1ゴールしか決めることができなかった。

レヴァンドフスキがマテオ・ムサッキオのパスを切り、GKペペ・レイナを抜いてボールをゴールネットに突き刺してバイエルンのリードを広げるまで、試合はわずか9分だった。

ラツィオはルイス・アルベルトが追い込めるパスをコレアが送ると報復のチャンスを得たが、1対1の状況でGKマヌエル・ノイアーが23分にバイエルンのゴールを決めるチャンスに対抗することができた。

ノイアーの技は同胞のために報われ、1分後にムシアラはラツィオのペナルティボックスに侵入してレオン・ゴレツカからのパスを受け取り、バイエルンのリードを2倍にすることができた。

試合終了3分、サネがレイナに完璧に止められたキングスレー・コマンのシュートからボールを奪うと、バイエルンはさらに遠ざかった。

ハーフタイム2分後、アセルビがオウンゴールを決め、サネのプルバックを締めくくり、バイエルンに4-0のリードを与えようとしたラツィオの状況は悪化した。

ラツィオは2分後にジェローム・ボアテングのクロスを回避した後、コレアがついにノイアーのゴールを決めると反応した。

その後、試合のコントロールは完全にバイエルンの手に渡り、ラツィオは彼らに追いつくことができず、幸運にもより高いマージンで負けることができませんでした。

この結果は明らかにバイエルンに大きなアドバンテージを与え、3月17日に行われる予定の第2戦に向けてラツィオのホストとして次に機能する。


The English, Chinese, Japanese, Arabic, French, and Spanish versions are automatically generated by the system. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)