バンフォード、ダラス、ラフィーニャがサウサンプトンに3-0で敗れた後、リーズの負けトレンドを破る
サウサンプトン戦でフリーキックを決めたラファエルハ(右)(写真:アンタラ)

シェア:

ジャカルタ - リーズ・ユナイテッドは、現地時間火曜日にエルランド・ロード・スタジアムで行われたプレミアリーグの18週目の延期試合でサウサンプトンを3-0で下した後、勝利を収めました。

パトリック・バンフォード、スチュアート・ダラス、ラフィーニャのゴールでリーズは過去2試合で連敗を喫した。

マルセロ・ビエルサのチームは35ポイントのコレクションで順位表で10位に上がり、8試合無勝利のサウサンプトンは30ポイントのコレクションで14位に座っています。

アウェイでの過去6試合で決して勝利を収めなかったという成績が悪かったサウサンプトンは、キックオフ8分後にリードを奪うチャンスを得たが、ネイサン・テラのシュートはGKイラン・メスリエにセーブされた。

ホストはラフィンハのしばしば厄介なサウサンプトンの守備を通じて再び脅かされ、タイラー・ロバーツとリアム・クーパーのシュートはまだ目標に向かっていない。

33分、テラが制限区域内でディエゴ・ロレンテに落とされたとみなされた後、レフリーのアンドレ・マリナーがサウサンプトンにペナルティを与えた。しかし、マリナーは後にVAR当局者からの意見を受け取った後、彼の決定を取り消しました。

前半の終わりに、チェ・アダムスはフリーキックの状況を利用して均衡を破ったが、サウサンプトンのゴールは後にマリナーがホイッスルを吹く前にフリーキックが奪われたと信じていたので、マリナーに許されなかった。

プレッシャーの中で見た前半、リーズはハーフタイムのわずか2分後にバンフォードが先制すると、後半を見事に開いた。

51分、ロバーツだけがラフィンハのクロスをうまく使い果たせば、リーズはサウサンプトンに2-0のリードを奪うべきだっただろう。

サウサンプトンは70分にオリオール・ロムーを負傷させることにもなさ、チャンスを生かすのに苦労した。

ホストは78分、ダラスがヘルダー・コスタのクロスを完成させ、GKアレックス・マッカーシーを破ってリードを2倍にした。

その6分後、ラフィンハは早い段階でリーズの勝利を封じ、活気に満ちたフェンスを越えるフリーキックでチームの3点目を決め、マッカーシーのセーブトライで手に負けなかった。

リーズはエルランド・ロードでアストン・ヴィラを主催するプレミアリーグ第26週の早い段階でプレーし、サウサンプトンはわずか2日後にエバートンの本社でプレーする。


The English, Chinese, Japanese, Arabic, French, and Spanish versions are automatically generated by the system. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)