タイオープン4日目:インドネシア代表6人が準決勝進出
イラスト - BWFスーパー1000タイオープントーナメントを前にインパクトアリーナバンコクで赤と白のスクワッドの就任練習(写真:アンタラ)

シェア:

ジャカルタ - ヨネックスタイオープンは4日目、1月15日(金)に準々決勝の試合を行い、6人のインドネシア代表が準決勝のチケットのために戦います。

プラヴィーン・ジョーダン/メラティ・ダエバ・オクタビアンとデンマーク代表のマティアス・クリスチャンセン/アレクサンドラ・ボジェの試合は、バンコクのインパクト・アリーナで午前11時から始まるインドネシアの開幕戦になります。

2人は2019年の全仏オープンで一度会った。このアドバンテージにより、4位の世界としてのプラヴィーン/メラティは簡単に通過することができ、特に対戦相手のポジションは28位でした。

日中、レオ・ロリー・カルナンド/ダニエル・マルティンの男子ダブルスは、初めてスーパー1000トーナメントの準々決勝に進出した彼の運を試みます。若いペアは、英語ペアマーカスエリス/クリスラングリッジと戦います。

第5シードのアンソニー・シニスカ・ギンティングはデンマーク代表のラスムス・ジェムケと対戦します。2人がオールイングランド2020の第1ラウンドで最後に会った後、2回目のミーティングとなる。当時、ランキングで優秀だったギンティングは、2連戦でゲムケに制された後に排除されなければならなかった。

モハマド・アフサン/ヘンドラ・セティアワンは午後、韓国代表のチェ・ソルギュ/ソ・スンジェと対戦する。2019年の香港オープン決勝でザ・ダディーズを破り、ソルギュ/スンジェが1-0で勝利した。

第6シードのジョナタン・クリスティは、デンマークの第4シードのヴィクトル・アクセルセンに挑戦し、厳しいテストに直面しています。2人の合計5回のミーティングから、2020年オールイングランドチャンピオンのアクスルセンは3-2です。最後のミーティングは2019年の全仏オープンで行われ、アクセンが2連勝した。

インドネシア唯一の女子ダブルス代表グレイシア・ポリイ/アプリヤニは、マレーシアペアのタン・パール/ティナア・ムラリタランとの4日目の試合を締めくくります。

ランクのグレイシア/アプリヤニは対戦相手を克服できるはずだが、さらにグレイシア/アプリヤニも2020年のマレーシア・マスターズで勝利を収めた際のミーティング記録に基づいて1-0で勝利した。

4日目のタイオープン(WIB)でのインドネシア代表のスケジュールは次のとおりです。

11.00 - コート2(混合ダブルス)プラヴィーン・ジョーダン/メラティ・ダエバ・オクタビアンティ vs マティアス・クリスチャンセン/アレクサンドラ・ボジェ(デンマーク)

午後2時 - コート1(男子ダブルス)レオ・ロリー・カルナンド/ダニエル・マーティン vs マーカス・エリス/クリス・ラングリッジ (イングランド)

14.45 - コート2(男子シングルス) アンソニー・シニスカ・ギンティング vs ラスムス・ジェムケ (デンマーク)

16.15 - コート2(男子ダブルス)モハマド・アフサン/ヘンドラ・セティアワン vs チェ・ソルギュ/ソ・スンジェ(韓国)

17.00 - コート1(男子シングルス) ジョナタン・クリスティ vs ヴィクトル・アクセルセン (デンマーク)

17-45 - コート2(女子ダブルス)グレイシア・ポリイ/アプリヤニ vs タン・パール/ティナア・ムラリタラン (マレーシア)


The English, Chinese, Japanese, Arabic, and French versions are automatically generated by the system. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)