アンソニー・シニスカ、タイオープン準々決勝チケットを封印
アンソニー・シニスカ・ギンティング(写真:アンタラ)

シェア:

ジャカルタ - アンソニー・シニスカ・ギンティングは、木曜日にコート1、インパクトアリーナ、バンコクで行われた2回戦でタイ代表クンヴァルト・ヴィティッサーンを破った後、タイオープンの準々決勝へのチケットを封印しました。

アンソニーは42分間の試合で決勝21-16、21-19で勝利しました。

アンソニーは攻撃的な優位性とスマッシュで滑らかに試合を開始しました。最初の試合の早い段階で返事なしの3ポイントリードは、最初のインターバルが11-7で終了するまで維持されました。

世界ランク6位の男子シングルスは、ヴィティダーンの追撃を続けているにもかかわらず、リードを維持することができました。

幸いなことに、第5シードとして入ってきたアンソニーは、彼の一貫性を保つことができました。相手のわずか2ポイントのドリフトを数回、アンソニーは最初の試合が21-16のスコアで閉じるまでマージンを遠ざけることができました。

第2ゲームに入ると、アンソニーは集中力を失い始めた。11-11の引き分けの後、29位のクンヴァルト・ヴィティッサーン選手が6連続ポイントを獲得してリードを奪い、アンソニーを12-16で上回った。

しかし、その後、アンソニーは安定し始めました。18-18で同点に追いつき、徐々に勢いを増して再び軌道に乗り返した。

ポジティブな傾向が続き、アンソニーはガスに飛び乗った。相手が返すことができなかったボールは、アンソニーの21-19の勝利のために第2ゲームを締めくくりました。

準々決勝では、アンソニーは共催者のコシット・フェトプラダブとデンマークのラスムス・ジェムケと対戦する。

この結果、アンソニーはインドペアのサトウィクサイラージ・ランキレディ/チラグ・シェティを21-19,21-17で破り、準々決勝進出を決めたインドネシア男子ダブルスのモハマド・アフサン/ヘンドラ・セティアワンのペースに従った。


The English, Chinese, Japanese, Arabic, and French versions are automatically generated by the system. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)