英国で最も裕福な男は、グレイザー・ファミリーを売却すればマンチェスター・ユナイテッドを買収するつもりだ
マンチェスターユナイテッド。(写真:Twitter.com/@ManUtd)

シェア:

ジャカルタ - 世界で最も裕福な男、イーロンマスクがマンチェスター・ユナイテッドを買収したと報じられた後、今ではイングランド・プレミアリーグのクラブの新しいオーナーになると予測されている別の名前があります。

一部のメディアは、英国の実業家ジム・ラトクリフが、グレイザー家からマンチェスター・ユナイテッドを買収する最有力候補であると報じた。しかし、本当にエリック・テン・ハグのクラブが本当に売却されたのかどうか、メモをつけて。

伝えられるところによると、グレイザー家はマンチェスター・ユナイテッドを放出するオプションを検討している。この選択は、ファンから促され、2022/2023プレミアリーグシーズンの初めにクラブの不愉快なパフォーマンスを見た後に来ました。

ラトクリフが所有するIneos社は、この報告に即座に反応した。イネオスのスポークスマンはタイムズ紙に、イングランドで最も裕福なラトクリフは、オールド・トラッフォードに本拠を置くクラブを完全に支配するためのスタートとして、この株式を購入する準備ができていると語った。

「このようなことが可能ならば、長期的な所有権を目標に話すことに興味があるだろう」と、AFPのアンタラが報じたように、Ineosのスポークスマンは語った。

2005年に借金から資金を調達したグレイザー一家は、選手移籍金を含め、投資した資金よりもはるかに多くの利益を浚渫したとして長い間非難されてきた。

彼らは昨年4月に物議を醸した欧州スーパーリーグのプロジェクトを支援した後、ユナイテッドのファンをさらに怒らせた。

「お金が使われたり使われなかったりするわけではありません」と広報担当者はタイムズ紙に語った。

「ジムは現時点で何ができるかを学んでいるし、このクラブがその街にとってどれほど重要であるかを知っているので、再考する適切な時期のように感じる」と彼は続けた。

ラトクリフはユナイテッドの大ファンとして知られている。しかし、少し前までは、昨年5月にアメリカの実業家トッド・ベーリー率いるコンソーシアムに敗れたため、チェルシーの獲得に失敗した。

イネオスはすでにフランスのリーグ・アンのサッカークラブニース、スイスのFCローザンヌ・スポーツ、サイクリングチームのチーム・スカイを所有しており、F1コンストラクターズの世界チャンピオンとなったメルセデスのスポンサーも務めています。


The English, Chinese, Japanese, Arabic, French, and Spanish versions are automatically generated by the system. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)