MXGPインドネシアシリーズのガイザー・サプ・ベルシ2レースチーム、祖国代表ファルハン・ヘンドラ・ファフロジエが19位
ティム・ガッシャー(写真:アンタラ)

シェア:

ジャカルタ - スロベニア人ライダーのティム・ガイザーは日曜日、西ヌサ・トゥンガラ(NTB)のロケットモーターサーキットMXGPサモタ・スンバワで開催されたインドネシア・モトクロス世界選手権(MXG)シリーズの2つのレースを全滅させた。

彼は圧倒的なパフォーマンスを披露し、最後にレース2で再び30分プラス2のレースの最前線に立ち、35分12秒673の記録的なタイムを記録しました。

ガイザーはスペインのホルヘ・プラドを3.834秒差で破り、2位につけなければならなかった。一方、フランスのロマン・フェーブルは6.005秒差で3位だった。

「最初のレースでホールショットを打ったけど、2回目のレースではホールショットがなかったし、そのために働かなければならなかったけど、とても幸せだ」とガイザーはレース後にアンタラから引用した。

この結果により、ガイザーは50ポイントを獲得し、535ポイントで2022 MXGP順位のトップに立つことができました。

一方、プラドはMxGPインドネシアシリーズから44ポイントを追加し、暫定順位は合計410ポイントとなりました。

MXGPクラスで唯一のインドネシア代表、ファルハン・ヘンドラ・ファフロジエはレース2を19位で完走し、ガイザーに3回抜かれました。

MXGPインドネシアシリーズのレース2、日曜日(26/6/2022)の結果は次のとおりです。

1. チーム・ガイザー(スロバキア/ホンダ) 17周 - 35分12秒673 min2ホルヘ・プラド(スペイン/ガスガス) 17周 - 35分16秒5073ロマン・フェーブル(フランス/川崎) - 17周 35分18秒6784。ルーベン・フェルナンデス(スペイン/ホンダ) - 17周 35分28秒8905ミッチェル・エバンス(オーストラリア/ホンダ) - 17周 35分38秒0346。グレン・コルデンホフ(オランダ/ヤマハ) - 17周 35分41秒9107秒。ポールズ・ジョナス(ラトビア/ハスクバーナ) - 17周35分45秒2818。マッティア・グアダニーニ(イタリア/ガスガス) - 17周 35分48秒3329。ジェレミー・シーワー(スイス/ヤマハ) - 17周 35分55秒59710カルビン・ヴランデレン(オランダ/ヤマハ) - 17周 36:02.11511ニコラス・ラプッチ(イタリア/ファンティック) - 17周 36:11,49012ジョルディ・ティクシエ(フランス/KTM) - 17周 36:14,32113ベン・ワトソン(イギリス/ガスガス) - 17周 36:17,15414ジェド・ビートン(オーストラリア/川崎) - 17周 36分34秒58415。アルビン・オストランド(スウェーデン/ヤマハ) - 17周 36:36,29516ブライアン・ボガース (オランダ/ハスクバーナ) - 37:24,40817.スチュワート・ルイス (オーストラリア/KTM) - 16周 36:22,17218ニコラス・マレー(オーストラリア/ハスクバーナ) - 15周35分43秒45519。ファルハン・ヘンドラ・ファフロジー(インドネシア/KTM) - 14周 36:08,10320ライオネル・ケルホス(フランス/ヤマハ) - 14周 37:28,272


The English, Chinese, Japanese, Arabic, French, and Spanish versions are automatically generated by the system. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)