ムスタファ・ファウジ(写真:サビッチ・ラボス、DI:ラガ/VOI)

シェア:

ジャカルタ - 10月17日(日)にデンマークのオーフスのセレス・アリーナで開催されたトーマス・カップのイベントで、飛ぶことができなかった赤と白は、LADI(インドネシアのアンチ・ドーピング機関)のムストホファ・ファウジ・スプ・アン博士によると、非常に貴重な教訓です。

WADA(世界アンチドーピング機関)制裁は、3ヶ月以上で完了しなければならないと彼は言いました。ジョコウィ大統領とインドネシア国民の希望が満たされるように祈りを捧げた。赤と白は、他の地域や国際的なスポーツイベントで再び飛ぶことができるように。

以下のビデオをご覧ください。


The English, Chinese, Japanese, Arabic, French, and Spanish versions are automatically generated by the system. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)