ジョコウィが言ったように、ランプンのCOVID-19の14の新しい症例の調査結果は警戒すべきである
間の写真経由

シェア:

ジャカルタ - ランプン州保健事務所(ディンケス)は、地域のCOVID-19陽性確認症例の新たな追加を指摘しました。その数は14人に過ぎないが、警戒すべきだ。

「COVID-19の追加の肯定的な症例は14人であるため、合計49,555例があります」と、ランプン・レイハナ州保健局長は、10月28日木曜日にバンダルランプロンで書面で述べました。

彼は以前、この地域のCOVID-19の総陽性症例は49,541例あり、現在は49,555例のCOVID-19の陽性症例であると述べた。

「追加は、バンダルランプン市で詳述されている8つの地区と都市から来ています,4人がいます, プリングセウリージェンシー1人, セントラルランプン1人」と、彼が言いました.

続けて、イースト・ランプン・リージェンシーの3人、ウェスト・ランプン1人、サウス・ランプン2人、メスジ1人、タンガマス1人も加わっていた。

「さらに、西海岸リージェンシー、ウェストオニオンボーン、オニオンボーン、ウェイカナン、ノースランプン、ペサワラン、メトロシティなど、ランプンのCOVID-19の症例がゼロになっている地域も数多くあります」と、彼が言いました。

彼によると、木曜日(28/10)にCOVID-19による死亡の場合、これは追加の症例はゼロですが、治癒した症例では19人増加しました。

「その後、容疑者のケースでは、監視中に3人と65人が増加しました。「これまでに合計68件の容疑者のケースがあります」と、彼が言いました。

以前、ジョコ・ウィドド大統領は、地域のCOVID-19症例のわずかな増加に注意と警戒するよう地域の首脳に警告していた。ジョコウィは、インドネシアの多くの地域は、その数が少ないにもかかわらず、コロナウイルス症例の増加を経験したと言いました。

3週間前に症例の増加を経験した北マルクから始まりました。その後、2週間前に西パプア、西スラウェシ、北スラウェシでも症例の増加が起こった。その後、ゴロンタロ、西カリマンタン、南東スラウェシは先週急増しました。


The English, Chinese, Japanese, Arabic, French, and Spanish versions are automatically generated by the system. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)