ベネット首相の政府、西岸地区に1,355の新しい入植地を建設、パレスチナ首相、米国にイスラエルの侵略に直面するよう要請
西岸地域、パレスチナのイラスト。(ウィキメディア・コモンズ/アルモンロス)

シェア:

ジャカルタ - イスラエルは日曜日、占領下の西岸地区に約1,300軒の新しい入植地の入札を出した。さらに、当局はまた、米国から注目を集めている別の3,000の家の提案を議論することが期待されています。

イスラエルの土地局は、パレスチナが所有する西岸地区の入植地に新しい家を建てるための入札を掲示した。

政府計画委員会も来週中に約3,000の新しい決済ユニットの提案について議論する予定です。イスラエル外務省報道官は金曜日、ロイター10月25日を引用して、このような動きは緊張を高め、和平合意に達するための努力を損なう可能性があると述べた。

一方、西岸に本拠を置くパレスチナ外務省は、新たな入植計画は「二国家解決に基づく平和の機会と、イスラエルとパレスチナ側の間の信頼を築く地域、米国、国際的な努力に悲惨な影響を与える可能性がある」と述べた。

AFPのフランス24を引用して、ナフタリ・ベネット首相の右派政権の住宅建設省によると、発表された入札で建設される家の総数は1,355に上る。

新しい家は、国防筋が8月に西岸地区のイスラエルの入植地のために許可されると言った2,000以上の住居に追加されます。

極右のニューホープ党のゼーブ・エルキン住宅大臣は声明の中で、「(西岸地区における)ユダヤ人のプレゼンスを強化することはシオニストのビジョンにとって不可欠である」と述べた。

これとは別に、パレスチナのモハメド・シュタイエ首相は毎週の閣議で演説し、世界各国、特に米国に対し、入植地建設がパレスチナ人に与える侵略のためにイスラエルに立ち向かうよう求めた。

パレスチナ自治政府は、紛争の二国家解決の障害として一方的なイスラエルの入植地建設に反対すると述べているジョー・バイデン米大統領の政権からの対応に細心の注意を払う。

注意すべきは、約475,000人のイスラエル系ユダヤ人が、パレスチナ人が将来の国家の一部として主張する土地で、国際法上違法と考えられている西岸地区の入植地に住んでいます。

反占領団体「ピース・ナウ」は、日曜日の発表は、6月にベンジャミン・ネタニヤフ元首相の入植政府を倒したベネット首相の多様なイデオロギー連合が変化の政府ではないことを証明したと語った。

「この政府は明らかにネタニヤフの事実上の併合政策を継続している」とピース・ナウは批判し、ベネットの左翼政府パートナーである労働とメレッツに目を覚まし、入植地での違法建設を直ちに中止するよう要求した。


The English, Chinese, Japanese, Arabic, French, and Spanish versions are automatically generated by the system. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)