クパンバルリージェンシーにおけるワクチン接種の成果 43.75 パーセント
イラスト(写真:アンタラ)

シェア:

KUPANG - 2021年10月第3週までの東ヌサ・トゥンガラ州クパン・リージェンシーでのCOVID-19ワクチン接種の達成率はわずか43.75%です。

「保健局から受け取ったデータに基づいて、最初の用量のCOVID-19ワクチン接種の達成はわずか43.75%だったので、政府は地域の人々のための予防接種の提供を加速する努力を続けています」と、クパンのマーサ・パラ・エデス事務局のプロトコルとコミュニケーション部門の責任者は述べています。 アンタラが報告したように、10月24日(日曜日)。

最初の用量のワクチン接種範囲は、123,109人または43.75パーセントに行われました。

一方、2回目の予防接種は59,301人の住民に対して行われ、21.07%の成績を残している。

一方、医療従事者の3回目の予防接種は、0.28%の達成を持つ777人の医療従事者にしか達しなかった。

マーサ・パラ・エデによると、クパン・リージェンシー政府は社会化の拡大に努め続けており、COVID-19症例の蔓延を制御できるように、OECUSS、東ティモールと国境を接する地区のすべての当事者をワクチン接種によって共同で戦うよう招待している。

彼女は、COVID-19ワクチン接種の提供は、遠隔地の人々が予防接種サービスを受けることができるように、すべての公衆衛生センターで継続的に行われたと説明しました。

それでも、マーサ・パラ・エデを追加し、地域のCOVID-19の陽性の確認された症例は斜面を始めており、現在3つのサブ地区に広がるCOVID-19の7つのアクティブな症例があります。

COVID-19の症例をまだ持っている3つのサブ地区は、西アマラシ地区で1人、西クパン地区で5人、ファトゥルー地区で1人です。

「今週、クパンリージェンシーにCOVID-19の追加の新しい症例はありませんでした。7人のCOVID-19患者がすぐに回復することを願っています」とマーサ・パラ・エデは言いました。


The English, Chinese, Japanese, Arabic, French, and Spanish versions are automatically generated by the system. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)