イラスト(写真:アンタラ)

シェア:

SUMSEL - 南スマトラ州オガン・コメリング・ウル・リージェンシー(OKU)は、この地域のアクティブな症例数が減少するにつれて、COVID-19グリーンゾーンに向かっています。現在OKUでアクティブなケースは2人に過ぎません。

OKU COVID-19タスクフォースの秘書、アムザール・クリストパは、最新のデータに基づいて、現在までの地域のアクティブな症例の数は2人しか残っていなかったと説明しました。

「2021年10月18日まで、OKUの陽性症例数は829人、719例が回復し、108人が死亡し、2人が死亡した」と、10月19日(火曜日)にアンタラのバトゥラジャで述べた。

彼は、コロナウイルスにさらされた2人が現在治癒のために自己分離を受けていると説明した。

タスクフォースの監督の下で自己隔離を受け、健康プロトコルを遵守し、孤立時に自宅にとどまる必要がある住民。

「これは、OKUリージェンシーがグリーンゾーンに戻るように癒しをスピードアップするために行われます」と、彼が言いました。

彼によると、陽性症例の数の減少はいくつかの要因によるもので、そのうちの1つは現在34.7%または93,802人もの市民が269,955人の目標目標から予防接種を受けている予防接種プログラムです。

さらに、健康プロトコルに準拠する際の国民の意識のレベルは、OKUリージェンシーのCOVID-19症例数の減少の要因でもあると続けた。

「グリーンゾーンに行くために、我々は2021年12月末まで完全な予防接種を受けるためにOKUコミュニティのための予防接種の加速を奨励し続けます」と、彼が言いました。


The English, Chinese, Japanese, Arabic, French, and Spanish versions are automatically generated by the system. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)