離婚後に養育費を支払っていない、韓国の2人の男性が出国を禁止
息子を持つ父のイラスト。(アンスプラッシュ/ダニエル・マッキンズ)

シェア:

ソウル(ロイター)-韓国政府は、離婚後にそれぞれの親権者の両親に養育費を支払うことを拒否したとして、2人の男性に海外旅行を禁止したと、ジェンダーと家族平等省が火曜日に言いました。

このような場合の措置を強化するために7月に関連法が改正された後、児童手当義務の延滞のために渡航禁止が出るのは初めてです。

改正法では、養育費として5,000万ウォン(41,700ドル)以上の借金がある人には渡航禁止が適用されます。そして、3,000万ウォン以上の借金を抱え、前年に3回以上海外旅行をした人たち。

同省によると、キムとホンの姓だけで特定された2人は、それぞれ1億1,720万ウォン、養育費として1億2,560万ウォンを支払わなかったという。

9月9日、お互いの元配偶者は、海外旅行の禁止を要求しました。同省は2人に説明を10日間与えたが、彼らは行わなかった。

「我々は法務省に対し、10月6日に2人を禁止するよう求める」と、同省当局者はコリア・タイムズを引用して語った。

改正法は、児童手当の支払い義務を果たさない親に渡航禁止を課すとともに、児童手当の支払いを引き続き差し控える場合は、同省のウェブサイトで名前、年齢、仕事、住所を開示するよう政府に命じている。

同省は、身元を明らかにすることを決定する前に、2人に12月中旬までブリーフィングするさらなる機会を与える。

「決定が下されると、彼らの名前、年齢、職業、住所は12月31日から3年間、同省のウェブサイトに開示されるだろう」と当局者は述べた。

韓国政府は、養育費を支払っていない人々に対する措置を一貫して強化しており、これは支払い率の増加に寄与したと思われる。

この数字は2015年には21.2%に過ぎなかったが、2020年11月時点では36.8%に増加した。

同省は、政策の有効性を改善するために、渡航禁止の発動に関する要件を簡素化する必要があると述べた。


The English, Chinese, Japanese, Arabic, French, and Spanish versions are automatically generated by the system. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)