この評議会のメンバーは、世界はCOVID-19に対処するためにPPKM政策を欺くことができます
予防接種を待っている人たち(イラストイルファン・メイディアント/VOI)

シェア:

ジャカルタ - ラフマド・ハンドヨ下院議員は、インドネシア政府がCOVID-19を取り扱う方法を評価し、コミュニティ活動(PPKM)に対する制限を他の国に伝えることができる。

PPKMが国内のCOVID-19症例を減らすのに効果的であることが判明したので、彼はそう言いました。当時、デルタバリアントの普及によるインドネシアのポジティブな症例の急増は非常識でした。

「レベル1-4の実施は世界中で行われると思います、つまり、地域がどのレベルを閉じる必要があり、非常にタイトで、緩める必要があり、前提条件で少し開く必要があり、これは他の国に伝える非常に肯定的なことです」と、Rahmadは9月28日火曜日に書面で述べました。

彼は、ジョー・バイデン米大統領が、COVID-19パンデミックへの取り組みへの投入を求められた国家元首の一人としてジョコ・ウィドド大統領(ジョコウィ)を任命する動きを歓迎した。ラフマドは、COVID-19パンデミックに対処するためには国間の協力が必要であると述べた。

「もちろん、大統領は、インドネシアで行われた知識をアメリカや他の国々に伝えるために、どのように情報を交換するかを歓迎すると思います。なぜなら、我々はまた、国家としても確かに他の国から正しいことを学ぶからです」と、彼が言いました。

彼によると、世界のすべての国が手を合わせたり、ロヨンを運ぶとき、COVID-19パンデミックはすぐに克服することができます。

「うまくいけば、コラボレーションとインドネシアで行われたことは、ケースがすぐに減少し、制御することができるように、アメリカでクローン化することができます」と、彼が言いました。

一方、彼は、COVID-19パンデミックに対処する際に政府を批判する政党がまだ国内に残っていることを嘆いた。

ラフマド・ハンドヨ下院議員(衆議院委員長)

 

「政府の反対で、ボロボロが政府に感謝し、私たちのことを聞いたことがない人々に感謝する人もいます」と、ラフマドは言いました。

彼は、インドネシアのCOVID-19の制御を評価する人々が変化している時間があると述べた。実際、国家は国民を保証できないと考える人もいる。

「今、政府の人々がCOVID-19の制御に取り組んでいるとき、彼らは沈黙の中でどこに行きます」と、彼は再び言いました。

彼は、政治的利益が政府に反対するために、誰かが一瞬批判し続けるとき、非常に残念です。

「はい、それは彼らの仕事です、政府が国民と一緒に作るものはまだ間違っていると考えられています」と、彼が言いました。

実際、彼によると、インドネシアでのCOVID-19の取り扱いは世界で最高の一つとして記録されています。他の国や世界保健機関(WHO)は、インドネシアにおけるCOVID-19の取り扱いを高く評価しています。

しかし、彼は国内からの批判を、COVID-19を支配する人々と共に政府の精神として使用すると考えました。

「たぶん、政府を批判するのは彼の仕事だったかもしれないが、それは他の国から評価されているにもかかわらず、重要なことは、緩みではなく、不意を突かれていない、自己満足ではない、政府の人々はCOVID-19を制御し続け、我々の成功は他の国で提供され、行うことができるように他の国に広がっている」と彼は言った。

彼は、現在の緩和に続けて、まだ健康プロトコルを使用することによって説明されると予想されます。その後、COVID-19症例の減少に対応する過度の幸福感があってはならない。

「事件の意志は非常に迅速に下がることができるので、アッラーSWTに警戒し、感謝し続けるが、それはお互いを思い出させるために警戒し続ける、我々が使用しなければならないプケ、過失ではない、プケを無視しない、それはケースが再び上昇しないように条件です」と、彼が言いました。

一方、海事投資調整大臣(Marinvest)ルフト・ビンサール・パンジャイタンは、COVID-19症例の数は改善し続けていると報告した。実際、現在、全国的なアクティブなケース率は、7月24日のピークから92.6%低下しています。ルフトはまた、国家COVID-19陽性率が1%のマークを突破したと報告しました。


The English, Chinese, Japanese, Arabic, French, and Spanish versions are automatically generated by the system. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)