サディスト、義理の息子はクローバーで義理の頭を打ち死ぬ
義理の息子が義理の息子を殺すイラスト。(写真:ピクサベイ)

シェア:

ジャカルタ - センカレンの市民であるスヨノは、義理の息子の手で死亡しました。カニト・レスクリム・ポルセク・センカレン、イプトゥ・ビンタンは、スヨノの犠牲者がちょうど目を覚まし、屋台を開くために妻を起こす計画を立てたときに事件が起こったと言いました。

部屋に入ろうとすると、スヨノは突然、自分の義理の息子以外のイニシャルAを持って加害者に殴られた。

「犠牲者はクローバーで殴られ、犠牲者の後頭部と顔を殴られた」とイプトゥ・ビンタンは8月4日(水曜日)に記者たちに確認した。

加害者の行動は被害者の妻によって正常に容認されたが、被害者はすでに無力だった。義父を痴漢した後、Aは逃げる。被害者は事件をセンカレン警察に通報した。

被害者はヘルミナ病院で治療を受けていたが、彼の人生は助けられなかった。

「昨日、情報が埋もれていた、私たちはこの犠牲者が死んだことを知りません。「私たちは昨日ついに家族から情報を得ました、私たちは葬式で検死しました」と、ビンタンが言いました。

被害者の義理の息子以外の加害者は、懲役7年の脅迫で死刑に関する刑法第351条に巻き込まれる。


The English, Chinese, Japanese, Arabic, French, and Spanish versions are automatically generated by the system. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)